地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2016年04月号 vol.2(4)

咳にはハチミツ?

2016年03月25日 11:17 by bycomet
2016年03月25日 11:17 by bycomet

 読者のみなさま、こんにちは。

 今シーズンはインフルエンザが猛威をふるいましたが、ようやく春の訪れとなり、ほっと一息ついているところです。

 医療機関にとって、冬の忙しさだけは別格です。毎年思うのですが、やはり冬の寒さが影響しているのでしょうか?

 

 さて、かぜ薬以外のかぜの対処方法について、ここまでいくつか紹介してきました。治療と予防のトピックがありましたが、おさらいしておきましょう。それぞれの過去記事をご参照ください。

  • ヴィックス・ヴェポラップ
  • 乳酸菌
  • ビタミンC

 

 つづいて今回は、ハチミツの登場です。ハチミツがよく使われるのは、咳に対してです。疑問の定式化をしておきましょう。

臨床上の疑問:咳のつづく人がハチミツをのむと、のまない人に比べて咳は少なくなるか。

 

 PubMedで検索してみると、いくつかヒットします。このうち代表的なものをご紹介してみたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

インフルエンザ感染症と比較する新型コロナウイルス感染症

2021年02月号 vol.7(2)

「体を温めて免疫力アップ」で本当に感染症は予防できるの?

2020年04月号 vol.6(4)

インフルエンザウイルスの排出はしばらくつづく

2019年03月号 vol.5(3)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.8(8)

物事には余白が大事。 荷物をめいっぱいに詰め込み、 あふれてしまっています。 …

2022年07月号 vol.8(7)

やがて雨は上がって 虹がかかり 空は晴れ渡るのだろう 想定外の早い梅雨明け そ…

2022年06月号 vol.8(6)

会えるまでの遠い道のり 理解されるまでの遠い道のり 透明の板が高い壁となって …