地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2016年04月号 vol.2(4)

非薬物療法 第7回:手術後はできるだけ早く歩いた方が良いですか?

2016年03月23日 21:53 by tyabu7973
2016年03月23日 21:53 by tyabu7973
0.はじめに
 
 非薬物療法特集をひたすら続けています。今回は手術に関する話題を。手術前後に行うべき非薬物療法って実は結構色々あるのですが、今回は「早期離床」ということを考えてみたいと思います。
 要は術後できるだけ早く動きましょう!という話です。本当に早く動いた方が良いのでしょうか?私自身、高校生で初めて全身麻酔の手術を受けましたが、その時は尿道カテーテル留置の痛みで動くどころではありませんでした。
 さてさて、痛みを押してでも動いた方が良いのか?少し一緒に考えてみたいと思います。


1.ある日のひとこま
 
***********こんなことを経験しました***********
 看護師「手術おつかれさまでした。どこか痛いところある?」
 わたし「・・・そりゃあまあ傷が痛いですよね、ものすごく。」
 看護師「そうなのねえ。痛み止めは使っても良いからとにかく頑張って動いてね。」
 わたし「え!?動くんですか・・・ちょっと体の向きを変えただけでも痛いんですけど
・・・」
 看護師「でも先生はどんどん動きなさいって言ってたわよ。」
 わたし「動くと何か良いことがあるんですか?」
 看護師「そりゃあ術後の回復が良いのよ、きっと。」
 わたし「ホントですか?痛み取れたらリハビリやりますからちょっと待ってくださいよ〜」
**********************************

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

非薬物療法 第21回:自動速度違反取締機は交通事故や死亡を減らせますか?

2018年09月号 vol.4(9)

非薬物療法 第20回:園芸は認知症予防に役に立ちますか?

2018年07月号 vol.4(7)

非薬物療法 第20回:変形性膝関節症の患者さんに水泳は効果があるでしょうか?

2018年05月号 vol.4(5)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年10月号 vol.8(10)

答えは見つからない。 だからこそ、 答えのない疑問に立ち向かおうとする。 もっ…

2022年08月号 vol.8(8)

物事には余白が大事。 荷物をめいっぱいに詰め込み、 あふれてしまっています。 …