地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2016年06月号 vol.2(6)

抗ヒスタミン薬はどうですか?

2016年05月29日 21:00 by bycomet

 読者のみなさま、こんにちは。

 前回は休載とさせていただきましたが、今回は「かぜの研究」連載14回目となります。かぜの季節ではありませんが、論文は着々と発表されております。毎回テーマを絞って紹介していこうと思います。 

 さて、かぜ薬については、こちらの記事でご紹介しました。

かぜ薬にはどのくらいの効果がありますか?

 ここでは主に鎮痛薬や抗ヒスタミン薬が配合された合剤(総合感冒薬というカテゴリーになるのでしょうか)についての効果が検討されていました。

 

抗ヒスタミン薬の効果を検索する

 外来では総合感冒薬を処方することはありませんが、鼻症状が強い方に対症療法として抗ヒスタミン薬を処方することがあります。

 それでは、この抗ヒスタミン単独での効果はどの程度あるのでしょうか? 確認しておきましょう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

インフルエンザウイルスの排出はしばらくつづく

2019年03月号 vol.5(3)

医療の古き慣習は変えられるか?

2019年02月号 vol.5(2)

ペラルゴニウム シドイデスはかぜに効果がありますか?

2019年01月号 vol.5(1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年07月号 vol.5(7)

何かを突きつけられるような感覚について。 危うさのない居場所に安住すること...

2019年06月号 vol.5(6)

記事が濃縮していく。 そんなことなんて、あるはずがないと思っていた。 時間...

2019年05月号 vol.5(5)

平成から令和の時代を迎えました。 新しい時代は、どんな色に染められていくの...