地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2016年07月号 vol.2(7)

トラネキサム酸はかぜに効く?

2016年06月25日 23:46 by bycomet
2016年06月25日 23:46 by bycomet

 読者のみなさま、こんにちは。かぜの研究、第15回です。

 個人的にはほとんど処方することはないのですが、他院での過去の処方をお薬手帳で確認すると、よく見かける薬があります。

 今回はこうした薬のうちで、トラネキサム酸(トランサミンなど)について、調べてみました。

扁桃炎・咽喉頭炎に? 

 トランサミンの効能・効果は以下のようになっています。

○全身性線溶亢進が関与すると考えられる出血傾向  
 (白血病、再生不良性貧血、紫斑病等、及び手術中・術後の異常出血)
○局所線溶亢進が関与すると考えられる異常出血  
 (肺出血、鼻出血、性器出血、腎出血、前立腺手術中・術後の異常出血)
○下記疾患における紅斑・腫脹・そう痒等の症状  
 湿疹及びその類症、蕁麻疹、薬疹・中毒疹
○下記疾患における咽頭痛・発赤・充血・腫脹等の症状  
 扁桃炎、咽喉頭炎

○口内炎における口内痛及び口内粘膜アフター

 扁桃炎、咽喉頭炎における咽頭痛などには効能・効果が認められています。かぜについては、この疾患を理由として処方されていると考えられます。

 ところで、扁桃炎・咽喉頭炎に対するトラネキサム酸の効果は、どの程度検討されているのでしょうか? 確認しておきましょう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

インフルエンザ感染症と比較する新型コロナウイルス感染症

2021年02月号 vol.7(2)

「体を温めて免疫力アップ」で本当に感染症は予防できるの?

2020年04月号 vol.6(4)

インフルエンザウイルスの排出はしばらくつづく

2019年03月号 vol.5(3)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年10月号 vol.8(10)

答えは見つからない。 だからこそ、 答えのない疑問に立ち向かおうとする。 もっ…

2022年08月号 vol.8(8)

物事には余白が大事。 荷物をめいっぱいに詰め込み、 あふれてしまっています。 …