地域医療ジャーナル

2016年10月号 vol.2(10)

読者投稿:医療は人を癒せるのか?

2016年09月22日 12:28 by ph_minimal

 随分、壮大なテーマである。私にとって「癒し」という言葉から連想するものは音楽であり、頭の中でアイスランドのポストロックバンド、Sigur Rosの音楽が流れ出し、ささやかな安らぎを与えてくれたのだが、「癒し」と聞いて思い浮かべるものは人それぞれであろう。

 まず、「癒す」という言葉の定義を整理しておく必要がある。辞書を引くと、「病気や傷を治す」と説明されているが、「癒し」という言葉から連想するのは病気や怪我の治癒というより、ヒーリングという意味合いの「癒し」をイメージする方が多いのではないだろうか(healingももともとは治癒という意味だが)。癒し系という言葉がメディアで頻繁に流れた頃から、「癒す」という言葉は病気を治すというよりは、安らぎを与えるというニュアンスが強くなったと思われる。

 そのような背景もあることから、ただ「病気を治す、傷を治す」だけでなく、「医療は安らぎを与えるのか」というより広い観点で考えてみたい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

正直者が馬鹿を見る? 〜ダーゼンⓇの販売中止を振り返る〜

2017年10月号 vol.3(10)

「母乳かミルクか」問題と科学的エビデンスと「幸せ」を考えてみた

2017年10月号 vol.3(10)

冷酷なエビデンスからあたたかな医療へ~曖昧性、不平等性、個別性~

2017年10月号 vol.3(10)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年10月号 vol.3(10)

高齢化社会を迎え、医療に対する過度な期待が蔓延している現代。  それを裏切...

2017年09月号 vol.3(9)

人々は体にいいものを求める。体にいい情報を求める。  世に雑多な情報がはび...

2017年08月号 vol.3(8)

3年という歳月で、人は成長していくものだろうか。変化していくものだろうか。...