地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2016年10月号 vol.2(10)

読者投稿:医療は人を癒せるのか?

2016年09月22日 12:28 by ph_minimal

 随分、壮大なテーマである。私にとって「癒し」という言葉から連想するものは音楽であり、頭の中でアイスランドのポストロックバンド、Sigur Rosの音楽が流れ出し、ささやかな安らぎを与えてくれたのだが、「癒し」と聞いて思い浮かべるものは人それぞれであろう。

 まず、「癒す」という言葉の定義を整理しておく必要がある。辞書を引くと、「病気や傷を治す」と説明されているが、「癒し」という言葉から連想するのは病気や怪我の治癒というより、ヒーリングという意味合いの「癒し」をイメージする方が多いのではないだろうか(healingももともとは治癒という意味だが)。癒し系という言葉がメディアで頻繁に流れた頃から、「癒す」という言葉は病気を治すというよりは、安らぎを与えるというニュアンスが強くなったと思われる。

 そのような背景もあることから、ただ「病気を治す、傷を治す」だけでなく、「医療は安らぎを与えるのか」というより広い観点で考えてみたい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

[特別寄稿] プラセボ効果とノセボ効果の知識を社会に広げよう

2021年10月号 vol.7(10)

[特別寄稿] 国内外の事例で見る商品としてのプラセボ

2021年10月号 vol.7(10)

[寄稿] プラセボ、ノセボの現在地~プラセボ効果を最大限に ノセボ効果を最小限に~

2021年10月号 vol.7(10)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年01月号 vol.8(1)

サステナビリティ 連綿とつづいている人類を つないでいくための キーワード...

2021年12月号 vol.7(12)

希望ってなんだっけ この先にどんな未来が待ち受けているのか 森はつづくのか...