地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2016年10月号 vol.2(10)

医療は人を癒せるのか?

2016年09月25日 16:31 by tyabu7973
0.はじめに
  職業人として医療に携わるようになって13年目に入ります。まだまだ若輩者の部類だと思いますが、それでも本当にたくさんの患者さんと出会ってきました。今回のテーマの「医療は人を癒せるのか?」を考えたとき、自分が携わってきた医療が患者さんを「癒した」ことがあっただろうか?と自問自答しました。そして、結局本当の意味で「癒す」ことができた患者さんはほとんどいなかったのではないか・・・そんなことを考えています。

  

1.癒しとは?
 そもそも「癒し」って何でしょう?この定義が非常に軽い場合と重い場合があるのではないかと思うのです。「癒し」は英語では「ヒーリング」になるのかもしれません。この「癒し」という言葉は1980年代後半から2000年にかけて"流行”しました。確かに「癒し系グッズ」とか「ヒーリングミュージック」など、多くの"軽い”癒しが溢れており、商品として売り出される結果となりました。「癒し」は1999年の「流行語大賞」のトップテンにも入っていて、坂本龍一の「Energy flow」がミリオンセラーになっています。

 現在でもGoogleの画像検索で「癒し」と入力すると、子猫やウサギなど小動物の可愛い写真がところ狭しと並びます。また、癒し系アイドルとか癒し系男子などと日常的な語句としてもよく使われるようになっています。ただ、少なくとも「癒し」で検索しても医療者の写真は出てこないですね。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

[特別寄稿] デザイン・コンパス ― 医療情報を「伝える」から「伝わる」にする技術

2019年10月号 vol.5(10)

”フレーミング効果”と”ナッジ”をめぐる倫理的問題

2019年10月号 vol.5(10)

ライブラリアンによるないないづくしのEBM 第6回: 俯瞰と普遍と不可知

2019年10月号 vol.5(10)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年07月号 vol.6(7)

誰にもいつか訪れる時間。 それは遠い未来かもしれないし、近い未来かもしれな...

2020年06月号 vol.6(6)

なくなって困るものもある。 なくなっても困らないこともある。 「医療に依存...

2020年05月号 vol.6(5)

人類の「目に見えない敵」との戦いは、 いまだ先が見通せません。 世界中の人...