地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2016年12月号 vol.2(12)

薬で音感が狂うことがありますか?

2017年01月22日 14:44 by ph_minimal
 はやいもので11月となり、だいぶ肌寒くなってきましたね。私は秋になると、軽い落ち込みモードに入ります…。なぜなら、「秋の到来=夏フェス終焉」だからです。昔は11月~12月にも屋内の音楽イベントが開催されたりと、それなりに楽しみがあったのですが、最近はどうもパッとしません…涙。
 NO MUSIC, NO LIFE[1]がモットーの私としては、音楽について熱く語りたい!ということで、音楽療法についてとりあげようと思ったのですが、いやいや、待てよと思い直しました。まずは音楽に携わっている方々(プロ・アマ問わず)の「耳」を守ることが大事ではないかと!薬によっては、なんと音感に影響を与えてしまう懸念がある薬もあるのです。しかも、健康な方々にも処方されることのある風邪薬でも起こりえます。

 今回は、音感に影響を与え、音程に変化を生じてしまったケースレポートをご紹介し、医療者として、少しでも音楽関係者の「耳」を守ることを目的に情報発信させて頂きたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

便秘薬の定番!? 酸化マグネシウムの有効性・安全性について

2020年08月号 vol.6(8)

運動するときに予防的に鎮痛薬を飲んでもいいですか?

2017年09月号 vol.3(9)

不眠症に漢方薬は有効ですか?

2017年08月号 vol.3(8)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年08月号 vol.6(8)

全国各地で豪雨による被害が多発しています。 被災された方々に、心よりお見舞...

2020年07月号 vol.6(7)

誰にもいつか訪れる時間。 それは遠い未来かもしれないし、近い未来かもしれな...

2020年06月号 vol.6(6)

なくなって困るものもある。 なくなっても困らないこともある。 「医療に依存...