地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2016年12月号 vol.2(12)

漢方薬はかぜに効きますか?

2016年11月22日 16:42 by bycomet
2016年11月22日 16:42 by bycomet

 読者のみなさま、こんにちは。

 連載「かぜの研究」、第19回の今回は漢方薬についてとりあげたいと思います。

 漢方薬は国内でもよく処方されたり、市販薬で使われることもしばしばかと思います。「葛根湯」などは有名でしょうか。最近のかぜに対する漢方薬のエビデンスはどうなっているのでしょうか。調べてみることにしました。

 まずは最新論文の情報収集から。PubMedで検索してみることにしました。疑問を定式化するとどうなるでしょうか?

臨床上の疑問:P▶ かぜの人が、E▶ 漢方薬を服用すると、C▶ プラセボに比べて、O▶ 症状消失までの期間が短いか

 PubMed Clinical Queriesで検索してみたところ、2015年のシステマティックレビューがひとつありました。今回はこの論文を確認してみたいと思います。

 さらに遡ると、2007年にもメタ分析がありますので、ここからふりかえってみたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

インフルエンザ感染症と比較する新型コロナウイルス感染症

2021年02月号 vol.7(2)

「体を温めて免疫力アップ」で本当に感染症は予防できるの?

2020年04月号 vol.6(4)

インフルエンザウイルスの排出はしばらくつづく

2019年03月号 vol.5(3)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年10月号 vol.8(10)

答えは見つからない。 だからこそ、 答えのない疑問に立ち向かおうとする。 もっ…

2022年08月号 vol.8(8)

物事には余白が大事。 荷物をめいっぱいに詰め込み、 あふれてしまっています。 …