地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2017年1月号 vol.3(1)

まだまだつづく、かぜの研究

2016年12月24日 23:22 by bycomet

 あけましておめでとうございます。

 新年を迎えるにあたり年頭の抱負のようなものを書こうと考えていたのですが、先回りして来年のことを想像して書く年賀状のような気持ち(年賀状はあまり得意ではないのです)になっています。

 ブログ記事にしていますので、こちらをご覧ください。

あの事件からメディアの姿勢を考える - 地域医療日誌
年頭の抱負のようなもの - 地域医療日誌

 さて、「地域医療ジャーナル」の創刊とともに開始した連載「かぜの研究」。今回は第20回目となりました。懲りずにまだまだ続けていきたいと思います。

 今年もよろしくお願いします。 

 

 

ハチミツで咳がおさまる

 発端は「ハチミツが処方されたお薬手帳を見た」という話題からでした。ハチミツって処方できるんですね。

ハチミツという甘い処方箋 - 地域医療日誌

 またもハチミツ?と思った方は、連載をよく読んでいただいている方でしょう。そう、またもハチミツの話題です。2016年04月号でも取り上げたことがあります。

咳にはハチミツ?

 今回はこの話題の続編のような内容です。しばらくお付き合いください。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

インフルエンザウイルスの排出はしばらくつづく

2019年03月号 vol.5(3)

医療の古き慣習は変えられるか?

2019年02月号 vol.5(2)

ペラルゴニウム シドイデスはかぜに効果がありますか?

2019年01月号 vol.5(1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年11月号 vol.5(11)

情報は誰に向けられたものでしょうか。 人は関心があることしか見えないもので...

2019年10月号 vol.5(10)

絵を描こうと思って 描いてみたら 最初のイメージと全然ちがったものになり ...

2019年09月号 vol.5(9)

世界を広くとらえるには どんな方法があるのだろう 自分たちの世界を知ってほ...