地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2017年1月号 vol.3(1)

[特別寄稿] 日本の専門医制度は死んだ

2020年02月16日 01:37 by naoki_nago

 日本専門医機構が、「専門医制度新整備指針」を発表した。あまり感情的になってはいけないと思いつつ、そういう感情がコントロールできない。とりあえず一言だけ言っておく。  

 「くそだ」と。  

 そもそも新しい専門医の仕組みは、従来の仕組みの見直しだったはずだ。ところが、ここには「一旦立ち止まりその見直しを図っていることはご承知のとおりです」とある。見直しの見直しがより良い見直しになればいいのだが、この指針には以前の制度に対する問題の指摘が一つもない。要するに見直さないということだ。どうしてそんなことになってしまったのか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

Sackett先生のこと

2015年07月号 臨時増刊 vol.1(supplement 2)

論文読んで患者を診るのだ

2015年03月号 創刊号 vol.1(1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年07月号 vol.6(7)

誰にもいつか訪れる時間。 それは遠い未来かもしれないし、近い未来かもしれな...

2020年06月号 vol.6(6)

なくなって困るものもある。 なくなっても困らないこともある。 「医療に依存...

2020年05月号 vol.6(5)

人類の「目に見えない敵」との戦いは、 いまだ先が見通せません。 世界中の人...