地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2017年04月号 vol.3(4)

かぜに亜鉛トローチ?

2017年04月15日 12:33 by bycomet

 読者のみなさま、こんにちは。

 かぜの季節もようやく終わりを迎えたようです。花粉症真っ只中ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 私はこれまで花粉症とは無縁でしたが、先日山登りをしたところ、途中から目が痒くなり鼻汁が止まらなくなりました。もしや、発症? なんとか無事下山しましたが、あれもなかなかしんどいですね。花粉症の方の苦労が少しわかりました。(花粉症には点鼻ステロイドを。)

 

 さて、今月の「かぜの研究」は亜鉛について調べてみたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「体を温めて免疫力アップ」で本当に感染症は予防できるの?

2020年04月号 vol.6(4)

インフルエンザウイルスの排出はしばらくつづく

2019年03月号 vol.5(3)

医療の古き慣習は変えられるか?

2019年02月号 vol.5(2)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年07月号 vol.6(7)

誰にもいつか訪れる時間。 それは遠い未来かもしれないし、近い未来かもしれな...

2020年06月号 vol.6(6)

なくなって困るものもある。 なくなっても困らないこともある。 「医療に依存...

2020年05月号 vol.6(5)

人類の「目に見えない敵」との戦いは、 いまだ先が見通せません。 世界中の人...