地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2017年05月号 vol.3(5)

過敏性腸症候群にオススメの食事は?[後編]

2017年04月23日 11:57 by ph_minimal

 有用性や有害性をきちんと評価するとなると、やはり前向きに検討した比較試験ですよね。[後編]では特定の食品を制限するといった介入試験について調べてみましょう。さきほどの文献[3]でも言及されていましたが、発酵性の糖類を制限する低FODMAP療法についての研究結果がいくつか報告されていますので取り上げてみたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

非薬物療法 第21回:自動速度違反取締機は交通事故や死亡を減らせますか?

2018年09月号 vol.4(9)

非薬物療法 第20回:園芸は認知症予防に役に立ちますか?

2018年07月号 vol.4(7)

非薬物療法 第20回:変形性膝関節症の患者さんに水泳は効果があるでしょうか?

2018年05月号 vol.4(5)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年09月号 vol.4(9)

治療が有効かどうかを判断することは いつもむずかしい それと同じように 治...

2018年08月号 vol.4(8)

客観的に書こうとすればするほど 何が客観的なのかわからなくなる どこまでが...

2018年07月号 vol.4(7)

わかりあうこととは、どれだけ難しいことなのか。  話せばわかる、わかりやす...