地域医療ジャーナル

2017年08月号 vol.3(8)

ADHDは薬で治療すると良くなるのですか?

2017年07月21日 08:09 by 89089314

 子供が言うことを聞かなくて困っている、という親御さんは多いことかと思います。かく言う私も、小学生になったばかりの息子が全然他人の話を聞いてなくて、何度も同じことを注意したり失敗の後片付けをやらされたりしてとても残念な気分になるんですが、それでも注意した直後にまた同じことをされるとさすがにイライラしたりもします。

 え?反抗期の言う事聞かない子よりマシ?小さいうちはよくあること?……う〜ん、まあ、そう言われればそうなんですけどね。ただ、宿題があること自体を忘れるのも含めて忘れ物がなくならないとか、ご飯を食べる時は注意散漫で、放っとくと1時間以上かかっても食べ切らないとか、さすがにそんなのでこれからの学校生活大丈夫なのかよ!?とか心配するわけです。

 それでも幸いというべきか、うちの息子は今のところ学校生活では授業についていけないとか、他の子に迷惑かけてるとか、そういった問題はないので、いうなれば「個性」なのかなと思うところですが、そのように勉学や集団行動に適応できず問題を起こしてしまう子供の場合は、他の子供とは別の、それなりの対応を考えないといけないかもしれません。

 いわゆる、ADHD(注意欠陥・多動性障害)というのを聞いたことがあるでしょう。ここ数年でテレビやネット上でもたびたび取り上げられるようになった疾患概念です。このADHDを「障害」とか「病気」として捉えるのに抵抗を感じる方もおられるかもしれませんが、今回はこのADHDとはどんな病気で、薬を飲むと良くなるのか?というところから改めて私がずっとテーマにしております「異常とは何か?」というところを考察してみたいと思います。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

2017年07月号 vol.3(7)

どんよりした梅雨空の毎日。  暗い話題も、まるで窓に滴る雨粒のように、ゆっ...

2017年06月号 vol.3(6)

医療に思いやりがなくなった、と世間で言われたことがあります。  それは、だ...

2017年05月号 vol.3(5)

ようやく郷里の桜の便りが届きました。  ソメイヨシノは東京では4月に満開を...