地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2017年10月号 vol.3(10)

冷酷なエビデンスからあたたかな医療へ~曖昧性、不平等性、個別性~

2017年09月24日 12:30 by syuichiao
2017年09月24日 12:30 by syuichiao

 心血管アウトカムに対するスタチン系薬剤は、一次予防、二次予防ともにその有用性が広く認められている薬剤である。[1]~[8] これまでに報告されているエビデンスという観点からすれば、多くの慢性疾患用薬の有効性がそれほど顕著なものでない中で、スタチン系薬剤は一貫してそのベネフィットが示されている数少ない薬剤と言えるだろう。

 本稿では、まず薬剤効果に関して、相対危険、絶対危険減少、治療必要数(NNT Number needed to treat;以下NNT)という3つの指標を整理する。次に臨床的に有用性が高いと評価されることが多いスタチン系薬剤の治療効果をNTTから俯瞰する。そのうえでNNTという指標の解釈困難性を示し、かわりに延命日数という観点から考察を加え、その背景に潜む薬剤効果の不平等性を明らかにする。一連の考察の中で、実臨床では有用な薬剤といわれるようなスタチン系薬剤でさえも、その有用性を報告したエビデンスに冷酷さをまとっていることが明らかになろう。最後に薬剤の個別性という概念を提示し、冷酷なエビデンスとの向き合い方について論じてみたい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

[特別寄稿] エビデンスを説明することの不可能性

2022年11月号 vol.8(11)

モダニズムの解体に垣間見るエビデンスと現実の接点

2022年11月号 vol.8(11)

患者にとっての「エビデンス」とは

2022年11月号 vol.8(11)

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

2022年11月号 vol.8(11)

新型コロナウイルス感染症の流行とともに、 専門家の発信する医療情報の質について…

2022年10月号 vol.8(10)

答えは見つからない。 だからこそ、 答えのない疑問に立ち向かおうとする。 もっ…