地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2017年10月号 vol.3(10)

正直者が馬鹿を見る? 〜ダーゼンⓇの販売中止を振り返る〜

2017年09月24日 15:31 by tyabu7973

0.はじめに
 今月はスピンオフ企画「冷酷なエビデンス」なんだそうです。読者の皆様はこの言葉を聞いてピンと来ますか?そもそも「エビデンスは冷たいのか温かいのか」みたいなテーマを考える人ってやはりセンスがあるなあと感心してしまったわけですが。エビデンスって単純に言えば「確率的な情報」のことですよね?やはり無機質なものである気がしますし、「それってエビデンス無いよね?」などと巷で語られる語り口にはとても冷たい印象を持っています。でもエビデンスの使い方ってそんなもんなんでしょうか?

 今回は半世紀弱使用されてきたダーゼンⓇの販売中止を振り返りながら、「冷酷なエビデンス」について一緒に考えて行きたいと思います。


1.ある日のひとこま
**********こんなことを経験しました********** 
研修医「先生、昔のカルテ見てたらダーゼンⓇって薬が処方されてたんですけど、あれって何すか?」
私(指導医)「おお、ダーゼンⓇ!懐かしいなあ。風邪で痰が絡む人とかによく出してたよ。」
研修医「あ、そうなんですね。俺使ったことないっす。」
私(指導医)「そりゃあ、そうだよ。だって発売中止なんだから。確か2011年だったかな」
研修医「え?なんで販売中止なんですか?」
私(指導医)「なんだか効果が証明されなかったんだってさ。気管支炎とかね・・・」
研修医「へ〜。効果が証明されなかったら発売中止じゃ、実際そんな薬ばっかりですよねえ?」
私(指導医)「むむむ・・・」
********************************

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

[特別寄稿] デザイン・コンパス ― 医療情報を「伝える」から「伝わる」にする技術

2019年10月号 vol.5(10)

”フレーミング効果”と”ナッジ”をめぐる倫理的問題

2019年10月号 vol.5(10)

ライブラリアンによるないないづくしのEBM 第6回: 俯瞰と普遍と不可知

2019年10月号 vol.5(10)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年07月号 vol.6(7)

誰にもいつか訪れる時間。 それは遠い未来かもしれないし、近い未来かもしれな...

2020年06月号 vol.6(6)

なくなって困るものもある。 なくなっても困らないこともある。 「医療に依存...

2020年05月号 vol.6(5)

人類の「目に見えない敵」との戦いは、 いまだ先が見通せません。 世界中の人...