地域医療ジャーナル

2017年12月号 vol.3(12)

誰かが亡くなるということ

2017年11月23日 01:40 by kangosyoku_no_ebm

 読者の皆様、初めまして。

 ウェブサイト「看護職のEBM」を管理運営している看護師・保健師の kangosyoku_no_ebm と申します。

 この度、地域医療ジャーナルに参加させていただくこととなりました。

 ウェブサイトを運営していると嬉しいことばかりでなく、厳しいお言葉を頂くこともあるもので、今回、お話を頂いた際も最初は携帯電話にウェブサイトからの通知があり、「もしかしたらまたか…」と、恐る恐るメールを開いたのでありました。

 しかし、なんとそこには連載のお誘いが…!!

「地道にやってきて良かったなあ…」なんて遠い目をしてしみじみしたりもしていましたが、それと同時に、「私のような浅学非才の若輩者に務まるのだろうか…」という逡巡もありました。

 とはいえこんな好機を逃すのはあまりにも勿体ない。

 連載されている他の記者の方々のような興味深い記事を書くことが出来るかというと分かりませんが、私の精一杯を振り絞ろうと思いました。

 看護職の視点から、「面白い」と感じて頂けるような、読者の皆様の何かしらの”種”になるような記事が書ければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

 さて、私は現在、病院に看護師として勤めています。

 その為、やはり患者さんが亡くなること、「看取り」を経験することが数多くあります。

 今回は、「看取り」、「誰かが亡くなるということ」についてエビデンスを交えながらお話させて頂きたいと思います。 

 ※症例は改変を加えています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年11月号 vol.3(11)

秋から冬へ移りゆく季節。 あたたかなぬくもりが恋しくなる時期です。 医療は...

2017年10月号 vol.3(10)

高齢化社会を迎え、医療に対する過度な期待が蔓延している現代。  それを裏切...

2017年09月号 vol.3(9)

人々は体にいいものを求める。体にいい情報を求める。  世に雑多な情報がはび...