地域医療ジャーナル

2017年12月号 vol.3(12)

ポリファーマシーとは何なのか~その定義を巡る考察〜

2017年11月23日 02:04 by syuichiao

 ポリファーマシーという言葉も広く世間に認識されてきたように感じています。控えめに言っても過剰処方であるとか、多剤併用という言葉に問題意識を持つ人は、医療者のみならず、一般の方も含めて多いのではないでしょうか。

 ポリファーマシーとは、端的に言えば多剤併用薬剤をめぐる問題群と言えそうでが、では一体どの程度の薬剤が併用されていればポリファーマシーと言えるのでしょうか。あるいはどの程度減薬すればポリファーマシーを解消したことになるでしょうか。こうした問いの立て方にこそ問題があるように思いますけど、多剤併用というだけに併用されている薬剤数に関心が集まるのはもっともだと思います。

 以前、「ポリファーマシーをめぐる問題とヘルスリテラシー」という記事で、薬剤数が多いことは不適切な薬物治療なのか、というテーマを考察しました。薬剤数と予後悪化の関係は因果関係なのか、と問われれば、必ずしもそうではない可能性が垣間見えてきます。薬をたくさん飲んでいる人は、それだけ多くの疾患を抱えているということ(これをマルチモビディティと呼びます)であり、裏を返せば、薬を飲まない人に比べてそもそも予後悪化のリスクが高いともいえるからです。

 ところで、一般的にポリファーマシーとは5剤以上の薬剤使用と定義されることが多いようです。併用薬剤が5剤を超えると、死亡や機能障害、転倒、虚弱(フレイル)のリスクが増加するという報告があります。[1]  また、ポリファーマシーの定義に関するシステマティックレビュー[2] によれば、検索された110文献のうち51文献(46.4%)で、ポリファーマシーを5剤以上の薬剤使用と定義しており、薬剤数に基づくポリファーマシー定義の中で最多という結果でした。 本稿では、この5剤以上併用という状態に付与されている価値、意味合いについて、ポリファーマシーが生み出される背景も交えながら考察してみたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

クスリのリスク〜その分類、認識、評価〜

2017年11月号 vol.3(11)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年11月号 vol.3(11)

秋から冬へ移りゆく季節。 あたたかなぬくもりが恋しくなる時期です。 医療は...

2017年10月号 vol.3(10)

高齢化社会を迎え、医療に対する過度な期待が蔓延している現代。  それを裏切...

2017年09月号 vol.3(9)

人々は体にいいものを求める。体にいい情報を求める。  世に雑多な情報がはび...