地域医療ジャーナル

2018年02月号 vol.4(2)

薬の飲み合わせ 第2回 「乳がん治療薬と骨粗しょう症治療薬」

2018年01月25日 19:45 by ph_minimal
 新しい1年が始まりましたね。2018年はどんな1年になるのかさっぱりわかりませんが、私は正月休みに久しぶりに小説を読みました。休日に読書だなんて何年ぶりでしょうか。ブログを開設し、文章を書くようになったものの、まったくといっていいほど本を読んでいなかったのです。
 やはり良い文章を書くためには、プロの作家さんの文章をもっと読んだほうがいいなと思い、年末の勤務最終日の帰りに立ち寄った本屋で書籍を購入するに至りました。
 こんなことを言うと、自分自身の向上のために読書をしたのだ、という印象を与えかねないのですが、それは後付けの理由、つまり嘘で、本当はただ単に読みたかったから読みました。今年はもう少し読書の時間をとりたいですね(読みたいから)。
 ただ単に娯楽として読むだけなので、おそらく私の文章力は向上しないことでしょう。せめて語彙力だけでも向上すればと思うのですが、どうもワードセンスが微妙で味気ない文章になりがちな今日この頃…。とはいえ、本当にすごい作家さんは難しい言葉を使わずに読者を魅了しますよね。これはやはり文章のリズムなのだと思っています。かつてのDJの経験を活かして、文章のリズムを洗練していきたいです(経験の活かし方を間違えた一例)。
 
 おや?医療の話から逸れてしまいましたね。逸れた…というか、逸らしたのは私ですし、そもそも冒頭から医療の話はしていなかったので、本線を設置していなかったというのが正確なところですが、そろそろこの連載の本題に入りたいと思います。
 前月号にひきつづき薬の飲み合わせについて、実際の現場で遭遇したら…という前提のもとに話を進めていきたいと思います。該当医薬品の添付文書(H30.1月時点)には記載されていない併用について取り上げてみました。ではリズム感のない文体ではありますが、どうかお付き合いください。
 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

薬の飲み合わせ第5回「インフルエンザで来局した9歳男児」

2018年05月号 vol.4(5)

薬の飲み合わせ 第4回「糖尿病治療薬の併用」

2018年04月号 vol.4(4)

薬の飲み合わせ 第3回「過活動膀胱治療薬の併用療法」

2018年03月号 vol.4(3)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年05月号 vol.4(5)

同質のものを合わせることよりも、  異質のものを合わせたほうが、  新しい...

2018年04月号 vol.4(4)

気分とは何だろう。  いっせいに咲いて散りゆく桜吹雪を眺めながら、  生き...