地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年02月号 vol.4(2)

「音楽療法でやってはいけないこと」とは?

2018年01月25日 20:10 by yumikosato

「音楽療法でやってはいけないことは何ですか?」という質問をよく受けます。この問いに答えるためには、まず音楽療法の原理についてお話しする必要があります。

 音楽療法とはわかりやすく言えば、音楽を使ってクライエント(対象者)のニーズに対応することです。言葉にすると簡単ですが、実際に行うのは容易なことではありません。

 私はこれまで、医療福祉従事者、クライエント、ご家族、音楽療法士などから、音楽療法に関するさまざまな不満を耳にしてきました。それらをまとめると、次のように言えると思います。

音楽療法士がクライエントのニーズに対応する代わりに、自分たちのアジェンダをクライエントに押しつけている。

 アジェンダとは「隠された意図」という意味で、ここではセラピスト自身のニーズや、思い込み、方針、信念などを指します。施設や病院側からのプレッシャーで、音楽療法士がそうせざるを得なくなっているケースもあるようです。また、本人が無意識で行っている場合もあるでしょう。

 いずれにしてもこれは大きな問題です。音楽療法士がクライエントのニーズに対応していない場合、セラピーの効果が出ないばかりか、倫理的な問題につながることもあるからです。

 この記事では3つの例を通じて、この問題について考えていきたいと思います。

実例 ① 音楽で元気にするのが音楽療法?

実例 ② 収入を確保するために、大人数で音楽療法をしてもいい?

実例 ③ 音楽療法に無理やり参加させるのは、誰のため?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

音楽療法士たちが抱える〈悩み〉とは?

2018年03月号 vol.4(3)

報告:クラウドファンディング無事終了しました

2018年02月号 vol.4(2)

音楽療法士の視点から考える、エビデンスと倫理の問題

2017年10月号 vol.3(10)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年08月号 vol.4(8)

客観的に書こうとすればするほど 何が客観的なのかわからなくなる どこまでが...

2018年07月号 vol.4(7)

わかりあうこととは、どれだけ難しいことなのか。  話せばわかる、わかりやす...

2018年06月号 vol.4(6)

あなたはいつも、どちらかを選んでいます。 どちらを選ぶのか、決めるのはエビ...