地域医療ジャーナル

2018年02月号 vol.4(2)

身体所見第2回 Janeway病変とは!?

2018年01月25日 23:24 by tyabu7973

0.はじめに
 さて、連載新コーナーの身体所見。前回はBarré徴候という身体所見を通して、その具体的な所見の取り方から、発見経緯、発見者の情熱などまで踏み込んで紹介してみました。その背景にはたくさんのドラマがあるかもしれません。身体所見が化石化しないように、ここで少しずつ掘り起こしていきたいと思います。

 今回は第2回目としてJaneway病変についてご紹介したいと思います。医療についてド素人だよ〜という人も分かりやすく読めるように頑張ります!

 
1.ある日のひとこま
**********こんなことを経験しました**********
 研修医「先生!ついに見つけました!!」

 わたし「ん?何を?」

 研修医「この間カンファでも相談した血液培養陽性の患者さんのことです」

 わたし「ああ、感染性心内膜炎を疑ってた人ね?」

 研修医「そうです。毎日毎日先生の教え通り手足をくまなく見てたんですけど、今朝回診したときに、ついに手掌にぽつっと出てたんです。」

 わたし「あ!例のやつかあ」

 研修医「そうです、Janewayさんです。」

 わたし「おお!じゃあ一緒に見に行こう!!」
********************************

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

身体所見 第1回:Barré徴候とは!?

2017年11月号 vol.3(11)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年01月号 vol.4(1)

新年あけましておめでとうございます。  地域医療ジャーナルは4年目に突入し...

2017年12月号 vol.3(12)

感染症が流行しはじめています。    冬は医療現場が最も忙しくなる時期。 ...

2017年11月号 vol.3(11)

秋から冬へ移りゆく季節。 あたたかなぬくもりが恋しくなる時期です。 医療は...