地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年02月号 vol.4(2)

編集後記

2018年01月29日 00:57 by bycomet

 

 最後までお読みいただきありがとうございます。

 

手をさしのべる困難さについて考える

 今月号はなかなか編集作業が進みませんでした。原稿に目を通させていただきながら、ちょっと時間がほしい、ゆっくり考えたい、という気持ちになったからかもしれません。少し時間をかけて、ゆっくり消化してみたいと思います。

 いつも編集作業では、ざっと通読してから少し寝かせてみるのですが、今月号で印象深く残ったのは「やはり、手をさしのべることは難しい」というところです。

 医療者は他人のことをわかっている「かのように」振る舞うしかないのですが、それが「相手の気持ちと合わない」という事態は、おそらく頻繁に起こっていることでしょう。それが表面化しないこともあるでしょう。というよりは、表面化しないことのほうがほとんどなのかも。その「相手」というのが患者さんであったり、その介護者やご家族であったりするわけですが。

 たとえ、医療者にできることは限られていたとしても、相手の気持ちに気づくことで力になれるという場面があるのかもしれません。

 でも、現実には難しいのでしょう。鈍感さは医療者側の要因だけとは限らないからです。

 手をさしのべるために「あちら側」を理解することは、とても難しいことです。

 常識に縛られていては、世界は変えられない。医療者意識という「壁」をどのように乗り越え、向こう側を目指すのか。これからも考えていきたいと思います。

 

ケアラー手帳

 さて、今月号では告知記事で spitzibara さんから日本ケアラー連盟について、ご紹介いただきました。

 家族等の無償の介護者を支援するための調査研究、政策提言活動を行っている一般社団法人です。

 介護者の負担にどのように手をさしのべるべきか、真剣に取り組んでこられてきたことが、活動実績からもうかがえます。ぜひ一緒に活動させていただきたいという思いから、「地域医療ジャーナル」として応援会員(団体)として協力させていただくことにしました。

 ケアラー支援事業として、「ケアラー手帳」を発行しておられます。

ケアラー支援事業 - 認知症版ケアラー手帳

 早速、使ってみたいと思います。

 関心のある方はぜひとも、ウェブサイトをごらんください。

 

企画・告知募集中

 新たな企画や告知を募集しております。

 諸々条件はございますが、当誌掲載ご希望の方は「お問い合わせ」からご連絡ください。

 

読者登録、ツイッターフォローお願いします

 おかげさまで、ひきつづき読者数は順調に推移しております。ありがとうございます!!

 記者のみなさん、Publishersさん、そして読者のみなさんの支えなくしては、ここまで来れませんでした。

 さらに質の高いウェブマガジンを目指して、挑戦をつづけたいと思います。これからも、ご支援よろしくお願いいたします。

 

 サイドバーの「読者登録する」ボタンか 地域医療ジャーナルの読者登録 からどうぞ。

 また、地域医療ジャーナルでは、ツイッターの配信も行っております。こちらもぜひフォローお願いします。

 ツイッター:ウェブマガジン「地域医療ジャーナル」

 

 読者コミュニティでは、読者限定での書き込みも可能となっております。コメントはウェブマガジンの原動力となります。ぜひ、ご意見・ご感想をお寄せください。よろしくお願いいたします。

 それではこのあたりで。また、来月。

関連記事

2022年7月号の編集後記

2022年07月号 vol.8(7)

2022年6月号の編集後記

2022年06月号 vol.8(6)

2022年5月号の編集後記

2022年05月号 vol.8(5)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年07月号 vol.8(7)

やがて雨は上がって 虹がかかり 空は晴れ渡るのだろう 想定外の早い梅雨明け...

2022年06月号 vol.8(6)

会えるまでの遠い道のり 理解されるまでの遠い道のり 透明の板が高い壁となっ...

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいて...