地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年03月号 vol.4(3)

医療者の利益相反-製薬企業からの利益供与とその影響―

2018年02月24日 11:48 by syuichiao

 「弁当くらいで処方は変わりません」 ある医療従事者向けウェブサイトに、そんなタイトルの記事が掲載されていた。[1] 同記事によると、学会で製薬企業が弁当などを無料で提供して行っている「ランチョンセミナー」の必要性について、7割の医師が「あった方が良い」と回答していた。

 調査の対象となったのは同ウェブサイトに登録している2567人の医師である。ランチョンセミナーがあった方が良いと回答した理由として、昼食を食べながら勉強できて効率が良いという意見や、昼の時間を有効利用できるという意見もあったそうだ。

 しかし、こうした食事が無償提供されるようなセミナーでは、製薬企業に有利な情報が強調されて提供されるなど、そのコンテンツ内容にバイアスがかかっていることも多い。そうした状況を踏まえてなのであろう。この調査では、「ランチョンセミナー程度で処方に影響することはない」、あるいは「バイアスがかかった情報で処方が変わることはない」などといった意見もあげられている。

 本項では、製薬企業からの利益供与に関する実態と、それがもたらしうる影響について、いくつかのエビデンスを整理する。そのうえで、医療者と製薬企業とのかかわりについて考察したい。

【脚注】
[1]日経メディカルオンライン「弁当くらいで処方は変わりません」2014.10.21 http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/1000research/201410/538942.html?n_cid=nbpnmo_twbn (閲覧には無料会員登録が必要)
 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

関連企業相手にショーバイする米国の医学会

2018年04月号 vol.4(4)

情動社会における主体性と意思決定

2018年02月号 vol.4(2)

ヘルスリテラシー~その概念とアウトカム〜

2017年08月号 vol.3(8)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年09月号 vol.4(9)

治療が有効かどうかを判断することは いつもむずかしい それと同じように 治...

2018年08月号 vol.4(8)

客観的に書こうとすればするほど 何が客観的なのかわからなくなる どこまでが...

2018年07月号 vol.4(7)

わかりあうこととは、どれだけ難しいことなのか。  話せばわかる、わかりやす...