地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年03月号 vol.4(3)

米国で家族介護者支援法が成立

2018年02月24日 13:49 by spitzibara
2018年02月24日 13:49 by spitzibara

 先月2月号の記事「ケアラー支援への思い」でケアラーの立場から支援について書き、広島でのケアラー支援講演会の告知をさせてもらったばかりですが、その講演会の直前、米国から関連の大きなニュースが飛び込んできました。

 全米退職者協会(AARP)の肝いりで米国議会に提出されていた超党派の法案が議会を通過し、1月22日にトランプ大統領が署名して、家族介護者支援法、the Recognize, Assist, Include, Support, and Engage (RAISE)Family Caregivers Act が成立しました。RAISEとは法律タイトルのRecognize、Assist、Include、Support、Engageという各単語の頭の一文字ずつを取った法律の通称で、RAISEには給料や気持ちを「上げる」という意味合いがあります。タイトルをすっきりした日本語に訳すことは難しいのですが、家族介護者への認知度を高め、官民を挙げて家族介護者への支援を充実すべく、国家戦略を打ち立てることを謳った法律となっています1)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あなた自身は、眠れていますか」という眼差し ~家族介護者の立場から専門職にお願いしたいこと~

2020年12月号 vol.6(12)

コロナ禍で疲弊するケアラーの姿が焙り出す、家族依存の障害者福祉の矛盾

2020年06月号 vol.6(6)

迫りくる危機~知的and/or発達障害者の家族ケアラーの高齢化

2020年04月号 vol.6(4)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.8(8)

物事には余白が大事。 荷物をめいっぱいに詰め込み、 あふれてしまっています。 …

2022年07月号 vol.8(7)

やがて雨は上がって 虹がかかり 空は晴れ渡るのだろう 想定外の早い梅雨明け そ…

2022年06月号 vol.8(6)

会えるまでの遠い道のり 理解されるまでの遠い道のり 透明の板が高い壁となって …