地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年03月号 vol.4(3)

医療者特集 第8回:医者の燃え尽きって??

2018年02月27日 11:16 by tyabu7973

0.はじめに
働き方改革が話題になっています。
多くの職場で過剰労働が原因による過労死、自死が報告され、社会として動き出したのは真っ当なことではあると思います。
医師はどうでしょうか?2016年に新潟の病院の研修医が自殺した事件では、労災認定がされ長時間労働が原因と判断されています。
もちろん、過労死には至らないまでも、多くの医療機関において日常的に残業や労働時間超過があると思います。
聖路加国際病院に労働基準監督署が立ち入り調査をして、土曜日外来を縮小したのは記憶に新しいと思います。
今月は医療職のバーンアウトに注目しつつ、その患者への影響にはどんなものがあるかといった観点で見てみたいと思います。


1.ある日のひとこま
**********こんなことを経験しました********** 
研修医「先生、なんか疲れてます??」
わたし「ああ、昨日当直だったからねえ・・・午後から外来だよ〜」
研修医「あ〜。研修医は午後休んで良いとは言われるけど、先生達は無理なんですか?」
わたし「いや、まあうちらも帰りたいけどね・・・」
研修医「なかなか難しいですね。でも、先生教えてくれたじゃないですか。当直明けに業務をするのはアルコール飲んで運転するようなもんだって。」
わたし「はい・・・そう言いました。」
研修医「何とかならないんでしょうかね、このシステム・・・」
********************************

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

医療者特集 第11回:医師は自分自身や家族を診療すべきでしょうか?

2018年11月号 vol.4(11)

医療者特集 第10回:指導医が研修医と一緒に回診した方がエラーを減らせるでしょうか?

2018年08月号 vol.4(8)

医療者特集 第7回:医者ってちゃんと手を洗っているの?

2017年12月号 vol.3(12)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号 vol.4(12)

広げようとしても、広がらないこと。 広げようとしていないのに、広がってしま...

2018年11月号 vol.4(11)

きっといつか変わる。 変化の兆しは、もう感じられる。 ふうっと吹いた小さな...

2018年10月号 vol.4(10)

今回は特集「医療倫理とその教育」を企画いたしました。 6人の連載記者がそれ...