地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年04月号 vol.4(4)

無益性をめぐる判断のジレンマ ~余命数週間の患者への白内障手術・「準植物状態」乳児の生命維持中止~

2018年03月29日 20:15 by spitzibara

 治療の無益性をめぐる判断と、限られた医療資源の公平な分配(レーショニング)という2つの――頻繁に混同されるけれど本来は別の議論であるはずの――問題については、これまで以下の記事などで考察してきました。

「無益な治療」論とDNAR指示(2017年2月号)

「無益な治療」論再考1:「無益」と「潜在的不適切」(2017年5月号)

「無益な治療」論再考2:「医学的無益」と「分配(レーショニング)」(2017年5月号)

「無益な治療」を両親が望み続けたケース:「なぜ」への視点転換という希望(2017年6月号)

 ここしばらくの間に、この問題に関連して考えさせられる報道があったので、そのうちの2つを紹介してみたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

世界の安楽死と医師幇助自殺の潮流 2

2018年12月号 vol.4(12)

英国高等法院「家族と医師が『最善の利益』と合意すれば、植物状態と最小意識状態の人から栄養と水分の引き上げは可」

2018年09月号 vol.4(9)

世界の安楽死と医師幇助自殺の潮流1

2018年06月号 vol.4(6)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号 vol.4(12)

広げようとしても、広がらないこと。 広げようとしていないのに、広がってしま...

2018年11月号 vol.4(11)

きっといつか変わる。 変化の兆しは、もう感じられる。 ふうっと吹いた小さな...

2018年10月号 vol.4(10)

今回は特集「医療倫理とその教育」を企画いたしました。 6人の連載記者がそれ...