地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年04月号 vol.4(4)

無益性をめぐる判断のジレンマ ~余命数週間の患者への白内障手術・「準植物状態」乳児の生命維持中止~

2018年03月29日 20:15 by spitzibara

 治療の無益性をめぐる判断と、限られた医療資源の公平な分配(レーショニング)という2つの――頻繁に混同されるけれど本来は別の議論であるはずの――問題については、これまで以下の記事などで考察してきました。

「無益な治療」論とDNAR指示(2017年2月号)

「無益な治療」論再考1:「無益」と「潜在的不適切」(2017年5月号)

「無益な治療」論再考2:「医学的無益」と「分配(レーショニング)」(2017年5月号)

「無益な治療」を両親が望み続けたケース:「なぜ」への視点転換という希望(2017年6月号)

 ここしばらくの間に、この問題に関連して考えさせられる報道があったので、そのうちの2つを紹介してみたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

世界の安楽死と医師幇助自殺の潮流 3

2019年06月号 vol.5(6)

エイドリアン・オーウェン『生存する意識ー植物状態の患者と対話する』を読んで

2019年05月号 vol.5(5)

生命を操作する技術の「すべり坂」で起こっていること

2019年01月号 vol.5(1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年08月号 vol.5(8)

いよいよ、夏到来。 梅雨空の下では待ち遠しかったはずの暑さも、 今では季節...

2019年07月号 vol.5(7)

何かを突きつけられるような感覚について。 危うさのない居場所に安住すること...

2019年06月号 vol.5(6)

記事が濃縮していく。 そんなことなんて、あるはずがないと思っていた。 時間...