地域医療ジャーナル

2018年04月号 vol.4(4)

無益性をめぐる判断のジレンマ ~余命数週間の患者への白内障手術・「準植物状態」乳児の生命維持中止~

2018年03月29日 20:15 by spitzibara

 治療の無益性をめぐる判断と、限られた医療資源の公平な分配(レーショニング)という2つの――頻繁に混同されるけれど本来は別の議論であるはずの――問題については、これまで以下の記事などで考察してきました。

「無益な治療」論とDNAR指示(2017年2月号)

「無益な治療」論再考1:「無益」と「潜在的不適切」(2017年5月号)

「無益な治療」論再考2:「医学的無益」と「分配(レーショニング)」(2017年5月号)

「無益な治療」を両親が望み続けたケース:「なぜ」への視点転換という希望(2017年6月号)

 ここしばらくの間に、この問題に関連して考えさせられる報道があったので、そのうちの2つを紹介してみたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

Medical Assistance in Dyingという「すべり坂」:世界の安楽死と医師幇助自殺の潮流

2018年01月号 vol.4(1)

アイスランドではダウン症が「撲滅」された……?

2017年12月号 vol.3(12)

キメラ胚やiPS細胞から移植臓器を“畜産”する時代の「臓器培養容器」とは?

2017年08月号 vol.3(8)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年03月号 vol.4(3)

ようやく寒い冬も峠を越えたでしょうか。 少しずつ、春の暖かさが近づいてくる...

2018年02月号 vol.4(2)

助けたい気持ち。 手をさしのべることは、簡単だ。 困っている人は、だれなの...

2018年01月号 vol.4(1)

新年あけましておめでとうございます。  地域医療ジャーナルは4年目に突入し...