地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年05月号 vol.4(5)

抗菌薬をへらすと何が起こるのか?

2018年04月30日 10:43 by bycomet

 読者のみなさん、こんにちは。

 かぜの繁忙期は過ぎ、秋までは一段落といきたいところですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 今話題のかぜに抗菌薬。

 厚生労働省が示した2018年度診療報酬改定において、抗菌薬適正使用に関する加算が新設されました。画期的な変化と言えますが、現場の変化はいかがでしょうか?

 まず、復習として抗菌薬に関する過去のエントリーをぜひご覧ください。

2016年09月号 vol.2(9) かぜに抗菌薬を処方してはならない

2017年05月号 vol.3(5) かぜの研究 まだかぜに抗菌薬を処方してもらっているの?

※この2エントリーはnoteにもまとめて掲載しています。
かぜに抗菌薬は使わない|地域医療日誌|note

2018年04月号 vol.4(4) 「かぜに抗菌薬」は本当になくせるのか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

吸入ステロイドで小児の肺炎がふえる?

2018年12月号 vol.4(12)

インフルエンザ診療で医療機関の姿勢がよくわかる

2018年11月号 vol.4(11)

高齢者の肺炎の診断は難しい?

2018年09月号 vol.4(9)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号 vol.4(12)

広げようとしても、広がらないこと。 広げようとしていないのに、広がってしま...

2018年11月号 vol.4(11)

きっといつか変わる。 変化の兆しは、もう感じられる。 ふうっと吹いた小さな...

2018年10月号 vol.4(10)

今回は特集「医療倫理とその教育」を企画いたしました。 6人の連載記者がそれ...