地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年08月号 vol.4(8)

低血圧患者に対する下肢挙上の是非

2018年07月11日 15:16 by kangosyoku_no_ebm
 「◯◯さんの血圧が低いんです」
 
 「そうだね…。とりあえず下肢挙上しておこうか」
 
 こうしたことが看護の現場では日常的に行われていますし、とても教科書的な対応でもあります。
 
 「下肢を挙上すれば静脈還流量が増えるため、その分心拍出量が増える。そうすれば血圧が上がるはずだ」
 
 この足を高くするという行為にはそんなロジックがあります。
 
 下肢挙上は、頭は下げずに単に足を上げるというものですが、その他に、低血圧の時などに用いられる体位にトレンデレンブルグ体位というものもあります。
 
 日本救急医学会はトレンデレンブルグ体位について「仰臥位・頭部低位・腰部高位の体位のことで,骨盤高位ともいう。」と説明しています[1]。
 
 
 この体位はドイツ人外科医のFriedrich Trendelenburg医師が広めたもので、一回拍出量、心拍出量(CO)、心係数(CI)を増加させると考えられていましたが、エビデンスが蓄積される中で徐々に有効性を疑問視する声も出てきています。
 
 前述のように下肢挙上から心拍出量増加までのロジックは、シンプルでわかりやすいですが、一方でその妥当性の吟味があまり行われていないままに行われている現状があるように思われます。
 
 トレンデレンブルグ体位及び下肢挙上は、低血圧患者において、本当に有効なのでしょうか?
 
 
【目次】
・看護師のトレンデレンブルグ体位に対する認識
・トレンデレンブルグ体位の有効性
・トレンデレンブルグ体位の有害性
・トレンデレンブルグ体位、下肢挙上は実践すべきなのか
 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

身体拘束のエビデンス

2019年08月号 vol.5(8)

せん妄は苦しい?

2019年07月号 vol.5(7)

「いつもと違う?」が患者を救う?

2019年05月号 vol.5(5)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年08月号 vol.5(8)

いよいよ、夏到来。 梅雨空の下では待ち遠しかったはずの暑さも、 今では季節...

2019年07月号 vol.5(7)

何かを突きつけられるような感覚について。 危うさのない居場所に安住すること...

2019年06月号 vol.5(6)

記事が濃縮していく。 そんなことなんて、あるはずがないと思っていた。 時間...