地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年09月号 vol.4(9)

高齢者の肺炎の診断は難しい?

2018年08月22日 02:46 by bycomet

 みなさん、こんにちは。

 暑い夏もようやく一段落となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 今月号も連載「かぜの研究」をはじめたいと思います。といっても、今回は肺炎がテーマです。

 かぜかと思って受診したところ、実は肺炎が見つかる、ということはしばしばあります。かぜにしては上気道症状や所見に乏しく、症状回復が遅れていたり、呼吸が早くなっていたりなどの特徴で疑うことになるわけですが、超音波検査やX線検査をしてはじめて診断できることもあります。

 特に高齢者の場合初期にはかぜと見分けがつきにくく、肺炎を見逃してしまうこともあるかもしれません。

 今回は「肺炎の診断」がテーマです。診断を改善しようという研究をひとつご紹介します。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

インフルエンザウイルスの排出はしばらくつづく

2019年03月号 vol.5(3)

医療の古き慣習は変えられるか?

2019年02月号 vol.5(2)

ペラルゴニウム シドイデスはかぜに効果がありますか?

2019年01月号 vol.5(1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年11月号 vol.5(11)

情報は誰に向けられたものでしょうか。 人は関心があることしか見えないもので...

2019年10月号 vol.5(10)

絵を描こうと思って 描いてみたら 最初のイメージと全然ちがったものになり ...

2019年09月号 vol.5(9)

世界を広くとらえるには どんな方法があるのだろう 自分たちの世界を知ってほ...