地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年10月号 vol.4(10)

2つの倫理的課題について

2018年09月30日 17:19 by bycomet
2018年09月30日 17:19 by bycomet

 みなさん、こんにちは。

 今年の企画特集「医療倫理とその教育」は、オンラインコミュニティ「地域医療編集室」内にある地域医療ジャーナル運営チームで決定しました。(これもはじめてです。)決まった頃から、これはちょっと大変なテーマになったなあと、正直なところちょっと気が重くなりました。

 医療における倫理的課題にはよく遭遇しているわけですが、ぼくは日ごろからそれほど強く意識しているわけではありません。

 臨床家のぼくが(こんな表現は初めてしてみましたが何かしっくりきます)あえて医療倫理について書くとしたら、正面から倫理的課題に取り組んだ事例よりも、ふだんあまり意識しないが実は倫理的課題が潜む事例を取り上げて問題提起するほうがよいのではないかと考えました。

 そこで今回は、2つの事例を中心に倫理的課題について書いてみたいと思います。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

[特別寄稿] エビデンスを説明することの不可能性

2022年11月号 vol.8(11)

モダニズムの解体に垣間見るエビデンスと現実の接点

2022年11月号 vol.8(11)

患者にとっての「エビデンス」とは

2022年11月号 vol.8(11)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年11月号 vol.8(11)

新型コロナウイルス感染症の流行とともに、 専門家の発信する医療情報の質について…

2022年10月号 vol.8(10)

答えは見つからない。 だからこそ、 答えのない疑問に立ち向かおうとする。 もっ…