地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年11月号 vol.4(11)

インフルエンザ診療で医療機関の姿勢がよくわかる

2018年10月30日 11:55 by bycomet

 みなさん、こんにちは。

 いよいよ秋本番。医療機関はインフルエンザワクチンや、急性疾患が徐々に増え、にわかに忙しくなってきています。ぼくはこの時期、あまりに「インフルエンザ」の入力回数が多くなるので、「い」で「インフルエンザ」と変換するように辞書登録します。結構便利です。

 みなさんは、いかがお過ごしでしょうか?

 さて、本格的なインフルエンザシーズンを目前に控え、今回の「かぜの研究」では「インフルエンザ」について書いてみたいと思います。

 今回の主なトピックは、インフルエンザワクチンの接種回数、バロキサビル マルボキシル(ゾフルーザ)の効果、治癒証明書、です。

 それでは、かぜの研究 第38回、さっそくはじめましょう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

高齢者の肺炎の診断は難しい?

2018年09月号 vol.4(9)

のど飴で痛みがとれる?

2018年08月号 vol.4(8)

抗菌薬でアレルギーがふえる?

2018年07月号 vol.4(7)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.4(10)

今回は特集「医療倫理とその教育」を企画いたしました。 6人の連載記者がそれ...

2018年09月号 vol.4(9)

治療が有効かどうかを判断することは いつもむずかしい それと同じように 治...