地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2018年12月号 vol.4(12)

世界の安楽死と医師幇助自殺の潮流 2

2018年11月28日 01:44 by spitzibara

 今年の6月号の記事「世界の安楽死と医師幇助自殺の潮流 1」で、折に触れて世界の安楽死と医師幇助自殺の近況を取りまとめてシリーズ化したいと書いたまま、半年が過ぎてしまいました。この間の出来事をすべて網羅することはできませんが、いくつか主だったものをご紹介しようと思います。

 私自身は、こうしたニュースをざっと読み流しているだけでも、それらをモザイクの断片として、世界で何が起こっているか、この問題がどこに向かっているのか、言わば「大きな絵」が構成されて見えてくるように感じているものですから。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新型コロナ感染拡大下でのトリアージをめぐる米国の議論を覗いてみた

2020年05月号 vol.6(5)

世界の安楽死と医師幇助自殺の潮流 5

2020年3月号 vol.6(3)

重い障害のある人の親の立場で考える・子どもをデザインする親たち~Designing Parents, Shaping Parents~

2020年2月号 vol.6(2)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年07月号 vol.6(7)

誰にもいつか訪れる時間。 それは遠い未来かもしれないし、近い未来かもしれな...

2020年06月号 vol.6(6)

なくなって困るものもある。 なくなっても困らないこともある。 「医療に依存...

2020年05月号 vol.6(5)

人類の「目に見えない敵」との戦いは、 いまだ先が見通せません。 世界中の人...