地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2019年01月号 vol.5(1)

ペラルゴニウム シドイデスはかぜに効果がありますか?

2018年12月24日 18:58 by bycomet

 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。

 さて、かぜの研究は連載第40回となりました。ここで初心に帰って、ペラルゴニウム シドイデスをとりあげたいと思います。といっても個人的な理由ですが、ぼくの本拠地ブログ「地域医療日誌」の初めての記事がペラルゴニウム シドイデスについてだったということなのですが。

 ペラルゴニウム・シドイデス(Pelargonium sidoides)とは、南アフリカ原産、フウロソウ科ペラルゴニウム属・半耐寒性常緑多年草(花4~8月・草丈20~40cmくらい)。この根の抽出物が薬として使われています。

 海外では「ウンカロアボ」(ドイツ、市販薬)、「ウムカミン」(韓国、処方薬)など、かぜ薬として市販されている国もあるようです。

 ちょうど、2018年にも新しい論文が発表されましたので、今回はこれをご紹介したいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

吸入ステロイドで小児の肺炎がふえる?

2018年12月号 vol.4(12)

インフルエンザ診療で医療機関の姿勢がよくわかる

2018年11月号 vol.4(11)

高齢者の肺炎の診断は難しい?

2018年09月号 vol.4(9)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年12月号 vol.4(12)

広げようとしても、広がらないこと。 広げようとしていないのに、広がってしま...

2018年11月号 vol.4(11)

きっといつか変わる。 変化の兆しは、もう感じられる。 ふうっと吹いた小さな...