地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2019年05月号 vol.5(5)

「いつもと違う?」が患者を救う?

2019年04月21日 16:32 by kangosyoku_no_ebm
 病院では様々な職種のスタッフが勤務していますが、その医療従事者の中で一番入院患者と接する機会が多いのは間違いなく看護師でしょう。
 
 看護師は昼も夜も病棟に(交替で)常駐していて、患者の状態を観察し、必要な処置・ケアを行い、異常があれば医師に報告するのが主な仕事です。
 
 そんな風に患者と一緒にいる機会が多い為、体温、脈拍、血圧、呼吸などのバイタルサイン(生命徴候)に異常がなくても、看護師は患者を観察したとき「いつもと何か違う」「何か変な感じがする」と直感的に感じることがあります。実際に私自身にも経験があります。
 
 「何か上手く言えないけど嫌な感じがする」という感覚を経験することは、臨床で働く看護師なら全員一度は感じたことがあるのではないかと思えるくらいのものでもあります。
 
 個人的な経験ですが「看護師の『何か変』には耳を傾けたほうが良いと考えている」という話を複数人の医師から聞いたこともあります。
 
 看護師に限らず、医療従事者は患者の家族の「いつもと何か違う」という感覚も重要な意見として捉えますしそれと同じようなものかもしれません。
 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

なぜ Evidence Based Nursing(根拠に基づいた看護)の実現は困難なのか?

2020年04月号 vol.6(4)

死別・離婚・独身は死亡リスクが増加する?

2020年3月号 vol.6(3)

看護師の学歴が高いと患者死亡率が下がる?

2019年09月号 vol.5(9)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年12月号 vol.6(12)

新型コロナウイルス感染症は、未だおさまる兆しがみられません。 目の前の現実...

2020年11月号 vol.6(11)

あちら側とこちら側に境界線をひく これが専門家のひとつの役割であり 専門家...

2020年10月号 vol.6(10)

効果があるはずの期待の新薬が、 いつの間にか消えていくことがあります。 コ...