地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2019年09月号 vol.5(9)

[告知] 「表現としての医療・健康情報—情報をデザインし発信するということ」開催

2019年08月28日 23:36 by bycomet

医療・健康情報発信に関わる人のためのトークイベント
「表現としての医療・健康情報—情報をデザインし発信するということ」
神保町ブックセンターで9月22日開催

医療・健康 情報の高度なデザイン化が進みつつある現代社会で、医療・健康情報はどのように発信され、また日常生活にどのような影響をもたらしているのでしょうか。 医療・健康情報を取り扱う様々な立場の専門家にご登壇いただき、情報との向き合い方について、多面的な視点で議論するトークイベントを開催いたします。

このテーマに関心のある方なら、どなたでもご参加いただけます。

 

今、医療情報発信の先端を走る注目の4人を登壇者としてお招きしました。

青島周一
病院勤務薬剤師。NPO法人アヘッドマップ共同代表。EBM(Evidence-Based Medicine)の実践と普及に関する取り組みのほか、身近な健康問題に関するテーマを中心にライター活動も行っています。

宮座美帆(ほっち)
医療ライター・編集者/臨床工学技士/医療メディア「メディッコ」代表。医療者の情報発信の在り方を考え、非医療者の医療リテラシーの向上を目指す。文章で”受診するきっかけ”を作る。

小嶋智美
Independent Librarian。「情報サービスのプロフェッショナルとして “学ぶ楽しさ・知る喜び” を伝える」をモットーに、ライブラリアンの可能性を図書館ではない場所でゆるっとおためし中。現在の主な活動領域は、医学をはじめとするヘルスサイエンス分野。著作(共著)に『ちょっとマニアックな図書館コレクション談義ふたたび』など (樹村房, 2017) 。

川名紀義
デザインディレクター/情報設計・編集者。Pg Design+Consulting代表取締役。外資系広告代理店にて、様々な医療用医薬品のプロモーションにアートディレクターとして従事。独立後、医薬品/医学書/病院/医療施設/教育機関など医療に関わる多方面な領域における情報デザインを専門とする。

 

医療・健康情報を取り扱う様々な立場の専門家にご登壇いただき、情報との向き合い方について、多面的な視点で議論したいと考えています。

著書販売・サイン会、近隣の飲食店にて意見交流会も予定しています。
ぜひご参集ください。

 

■「表現としての医療・健康情報—情報をデザインし発信するということ」
日時:2019年9月22日 (日) 16:00 - 17:30
会場:神保町ブックセンター(東京都千代田区神田神保町2丁目3-1)
チケット:¥1,500(全席自由席)
対象:医療・健康情報発信に関わるすべての方におすすめします。

▼「表現としての医療・健康情報」企画概要・チケット予約
https://cmeo201909.peatix.com/view

▼ オンラインコミュニティ「地域医療編集室」
https://camp-fire.jp/projects/view/76122

※ 地域医療編集室 主催イベント 第4回となります。

関連記事

[告知] 温泉浴マイスター人材育成講座のお知らせ

2019年07月号 vol.5(7)

[告知] 主催イベント「医療・介護をつなぐ音楽」 神保町ブックセンターで1月20日開催

2019年01月号 vol.5(1)

[告知] 新企画 ポッドキャスト「BLISS」のお知らせ

2017年12月号 vol.3(12)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年08月号 vol.5(8)

いよいよ、夏到来。 梅雨空の下では待ち遠しかったはずの暑さも、 今では季節...

2019年07月号 vol.5(7)

何かを突きつけられるような感覚について。 危うさのない居場所に安住すること...

2019年06月号 vol.5(6)

記事が濃縮していく。 そんなことなんて、あるはずがないと思っていた。 時間...