地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2019年10月号 vol.5(10)

医療と暮らしをつなぐ多様なメディア

2019年09月28日 00:36 by hatabo

今月は秋の企画特集号ということで、自分なりに何を書こうか逡巡していたのですが、個人的な話題を中心に添えて進めたいと思います。ただし、企画に見合った新しい話題ではないかもしれません。

【患者になりました】

婦人科で手術を受けるため、先月末に13日間入院していました。今月一杯仕事を休んで、来月から少しずつ社会復帰しようかと考えている状況でこの原稿を書いています。私は手術を受けたことはありませんでした。しかも、開腹手術になったので全身麻酔です。全く初めての経験をすることになります。ですが、手術を受けると決めてからの日々は、仕事を休むための準備や術前検査のために忙しく、また検査や手術を受けるにあたっての詳しい説明を受けることができたことや、病院のスタッフの優しさ・暖かさに支えられたこともあり、不安を感じる暇がありませんでした。 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

[特別寄稿] デザイン・コンパス ― 医療情報を「伝える」から「伝わる」にする技術

2019年10月号 vol.5(10)

”フレーミング効果”と”ナッジ”をめぐる倫理的問題

2019年10月号 vol.5(10)

ライブラリアンによるないないづくしのEBM 第6回: 俯瞰と普遍と不可知

2019年10月号 vol.5(10)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年12月号 vol.5(12)

これまで一生懸命取り組んできた治療に 「もし、効果がなかったとしたら・・・...

2019年11月号 vol.5(11)

情報は誰に向けられたものでしょうか。 人は関心があることしか見えないもので...

2019年09月号 vol.5(9)

世界を広くとらえるには どんな方法があるのだろう 自分たちの世界を知ってほ...