地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2020年2月号 vol.6(2)

医療サービスを高度に利用する患者の「ホットスポット」に対して、多職種チームによる退院後ケア介入は有効か?

2020年01月19日 23:50 by MOura

皆さま、あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いを申し上げます。

新年1発目の家庭医療論文は

New England Journal of Medicine
Health Care Hotspotting — A Randomized, Controlled Trialを紹介します。
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMsa1906848?query=featured_home
[PMID: 31914242]

です。

直訳するとヘルスケアのホットスポッティング研究です。
ホットスポッティングとは何でしょうか?

これは、健康の社会的決定要因(SDH:Social determinants of health)の患者さんに多職種で退院後にアプローチすると、再入院率が改善するのかという非常に興味深いランダム化比較試験での研究です。
結果も非常に興味深いので是非読んでいただきたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

日本の高齢者の孤独、家族関係、そして死亡率:個人の生活様式は違いを生むか?

2020年01月号 vol.6(1)

レジリエンスの高い医師になる方法:antifragility(反脆弱性)を最大化する13のスキル

2019年12月号 vol.5(12)

[新連載] RFIDを使った看護師と医師の行動パターン研究

2019年10月号 vol.5(10)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年10月号 vol.6(10)

効果があるはずの期待の新薬が、 いつの間にか消えていくことがあります。 コ...

2020年09月号 vol.6(9)

新型コロナは怖い でも、経済破綻に向かう自粛生活も怖い コロナ禍によって明...

2020年08月号 vol.6(8)

全国各地で豪雨による被害が多発しています。 被災された方々に、心よりお見舞...