地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2020年3月号 vol.6(3)

ねこでも読める医学論文 第19話「カテキンで風邪を予防できる?」

2020年02月23日 13:50 by ph_minimal

はじめに

 カテキンには風邪を予防する効果があるという意見がありますが、それは本当なのでしょうか?ちょっと気になったので調べてみますと、2019年に論文が出ていましたのでご紹介します。

 では、ねこ薬剤師たちにバトンタッチ!

 

ねこでも読める医学論文 第19話「カテキンで風邪を予防できる?」

 

みに丸「カテキンの風邪予防効果ってガチなんですかね?」

はかせ「抗ウイルス効果があるって言われているみたいだけど、実際カテキンを摂取したところで予防効果があるのかどうかはなんとも言えないね。論文を検索してみようか…。おっ!?2019年にカテキンの風邪予防効果を検証したランダム化比較試験の論文[1]が発表されているぞ。日本発の論文だ」

みに丸「おおっ。やったぁ!じゃあ日本語ですね。バンザイバンザイ!」

はかせ「いや…、論文は英語で執筆されているけれどもね」

みに丸「……」

はかせ「そんな、テンション落とさないでくれよ。今日はこの論文を読んでみようじゃないか」

みに丸「しょうがないなぁ。ボスがそんなに言うならお付き合いしますよ」

はかせ「そもそもきみがこの話題をふっかけてきたんじゃないか…。まあよい。まずは図解を用意しよう」

ここからは論文抄読会の疑似体験ということで、テーマ論文を手元に置いて、ねこ薬剤師たちと一緒に論文を読んでいただければと思います。

 

対象論文はこちらからダウンロードできます。

https://www.mdpi.com/2072-6643/12/1/4

(「Download PDF」をクリックするとPDFファイルがダウンロードできます)

 

[1]Furushima D, Nishimura T, Takuma N, et al. Prevention of Acute Upper Respiratory Infections by Consumption of Catechins in Healthcare Workers: A Randomized, Placebo-Controlled Trial. Nutrients. 2019;12(1) PMID: 31861349

 

~研究の背景~ 

はかせ「まずは研究の背景をチェックしよう。1ページの『Abstract(抄録)』の1~3行目だ。緑茶などに含まれるカテキンは様々な急性感染症に対する抗ウイルス活性が示されているが、その臨床効果を裏付けるエビデンスは決定的なものはないとのことで、ランダム化比較試験を実施したそうだ」

みに丸「なるほど。抗ウイルス活性があることと、実際に摂取することで予防効果があるかどうかは、必ずしも直結しないですもんね」

はかせ「そういうこと!早速、試験デザインをチェックしていこう」

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ねこでも読める医学論文 第27話「2020年 忘年会! ~味覚に対するプラセボ効果~」

2020年12月号 vol.6(12)

ねこでも読める医学論文 第26話「子どもの屋外活動を増やすことで近視を予防できる?」

2020年11月号 vol.6(11)

ねこでも読める医学論文 第25話「水を使わない口腔ケア」

2020年09月号 vol.6(9)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年12月号 vol.6(12)

新型コロナウイルス感染症は、未だおさまる兆しがみられません。 目の前の現実...

2020年11月号 vol.6(11)

あちら側とこちら側に境界線をひく これが専門家のひとつの役割であり 専門家...

2020年10月号 vol.6(10)

効果があるはずの期待の新薬が、 いつの間にか消えていくことがあります。 コ...