地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2020年07月号 vol.6(7)

ねこでも読める医学論文 第23話「禁煙治療にスマホのアプリが有効?」

2020年06月20日 14:17 by ph_minimal

はじめに

 今回はタバコがテーマです。私も吸っていた時期がありましたが、二度目の禁煙が成功し、今は吸っていません。その後、ちょっと危うい感じ(※)になりましたが、私の生活からタバコは完全に消えましたね。

※メンタルぼろぼろのときに1~2本吸っちゃう事象のこと

 しかし、禁煙に苦労している人もいることでしょう。ニコチン依存症の場合には、保険診療で薬物療法を受けることもできますが、禁煙成功率は100%ではありません。そこで、スマホのアプリを活用した禁煙補助療法についての報告があがっていましたので取り上げてみたいと思います。それではねこ薬剤師たちにバトンタッチ!…と見せかけて、本編に入る前にいくつか余談を…。

 

余談①

今回取り上げた禁煙アプリについて、アプリを開発したCure App社が薬事承認の申請を行っていたそうなのですが、2020年6月19日の厚生労働省薬事食品衛生審議会で薬事申請の了承が得られたそうです(下記URL参照)。この原稿を書き終えたあとに、薬事審議会のニュースが流れて、偶然にもタイムリーな話題となりました!申請の根拠となった研究結果についてご興味があれば、ねこ薬剤師の抄読会をご覧ください。

https://cureapp.blogspot.com/2020/06/blog-post_19.html

 

余談②

これまで「ねこ読め」で取り上げてきたテーマを私のブログにまとめました。

http://ph-minimal.hatenablog.com/entry/2020/05/12/211806

こうして今までの図解をまとめてみると、なかなかのインパクトですね。気になるテーマが見つかったら過去記事からご覧くださいませ!

 

 

ねこでも読める医学論文 第23話「禁煙治療にスマホのアプリが有効?」

 

 

みに丸「志村ーッ!うしろうしろー!アハハハ!」

はかせ「なにを笑い転げてるんだい?そんなに転げまわったら、絨毯が毛だらけになってしまうじゃないか」

みに丸「ドリフターズのDVDを見てるんですよ。志村けんはおもしろいなぁ~!ギャー!おばけがでた~!」

はかせ「楽しそうで何よりだ。それにしても惜しい人を亡くしたよね…」

みに丸「ほんとですよ。コロナウイルスのやつめ!ぼくがやっつけてやる!」

はかせ「ほう。ぜひともやっつけてほしいものだね。そういえば、志村けんさんが亡くなってから禁煙治療を始めた患者さんがいるね。志村さんは最近は禁煙中だったたらしいけど、もともとはヘビースモーカーとして知られている。そんな志村さんが新型コロナウイルス感染症で亡くなったことで、タバコを吸っていた人たちが他人事ではないぞと禁煙しようという気持ちになったのはすごいことだよ」

みに丸「志村けんはぼくらにとって身近な存在ですからね。とても他人事とは思えないッ」

はかせ「そうだね。やっぱり身近な人の訃報ってズシッとくるものだよ。志村さんがタバコを吸ったことがなかったとしたら助かったのかどうかはわからないけど、増悪リスクの一つだった可能性は否めない。残念なことにお亡くなりになったけど、少しでも多くの喫煙者がタバコをやめようって思ってくれたらいいね。禁煙治療ってやっぱりその人の意思も大事だし」

みに丸「無理やり禁煙治療薬を受けさせたって続かないですもんね」

はかせ「最近では、スマホを利用した禁煙補助アプリも開発されているよ」

みに丸「なんですか、それは?」

はかせ「スマホに禁煙補助アプリを導入して禁煙のサポートをするっていう試みだよ。日本発のランダム化比較試験の論文が発表されたので読んでみようか[1]」

みに丸「ぼくはドリフターズのつづきが見たいのになぁ…。しょうがない。ボスに付き合ってあげるとするか」

[1] Masaki K, Tateno H, Nomura A, et al. A randomized controlled trial of a smoking cessation smartphone application with a carbon monoxide checker. NPJ Digit Med. 2020;3:35. Published 2020 Mar 12

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32195370/

 

対象論文はこちらからダウンロードできます。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7067789/pdf/41746_2020_Article_243.pdf

ぜひとも論文と照らし合わせながら、ねこ薬剤師たちの論文抄読会にご参加ください。

 

~研究の背景~

はかせ「まずは1ページの『INTRODUCTION(イントロダクション)』から研究の背景を拾っておこうか。2017年のデータでは日本の喫煙率は約2割。喫煙に起因する死亡数は、2007年では12万9千人、2014年では21万8800人と報告されており、早期死亡の防止には喫煙率の低下が不可欠とのことだ」

みに丸「そりゃ、すごいですね…。タバコ、おそるべし!」

はかせ「保険で禁煙治療を受けられるようになったが、9~12週の継続禁煙率は50~60%と低く、1年後には30%以下となる」

みに丸「依存症、おそるべし!」

はかせ「そこで、スマホのアプリを活用した呼気中の一酸化炭素(CO)測定器が開発されたらしい。CO濃度を測定することで、喫煙状況を客観的に評価できるというわけだ」

みに丸「なるほど。こっそり吸ってもバレる!」

はかせ「そこで、標準的な禁煙の薬物療法に併用する形で、『CureApp Smoking Cessation(CASC)システム』というアプリの有効性が検証された。では、研究の概要をチェックしていこうじゃないか」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ねこでも読める医学論文 第29話「本物の治療と見せかけたニセ治療 vs ニセ治療と説明したニセ治療!」

2021年2月号 vol.7(2)

ねこでも読める医学論文 第28話「痛みが悪化するかもしれないと説明されると、痛みが悪化する?」

2021年01月号 vol.7(1)

ねこでも読める医学論文 第27話「2020年 忘年会! ~味覚に対するプラセボ効果~」

2020年12月号 vol.6(12)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年2月号 vol.7(2)

新型コロナをきっかけに、 これまでの日常や価値観が大きく変わっています。 ...