地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2021年07月号 vol.7(7)

2型糖尿病予防のためにご飯を「冷やして食べる」は効果的か

2021年05月15日 08:49 by shinnoyuki

炭水化物(を多く含む食品)を冷やして食べる。これが健康や美容に良いとする情報が,Webニュースやテレビ番組などで取り上げられることがあります。とくに,炭水化物を多く含み,日本で主食として食べられている「ご飯」を冷やして食べることに効果があるとされる場合が多いようです。そこで今回は,健康の中でもとくに2型糖尿病の発症予防について,ご飯を「冷やして食べる」ことが効果的かについて見ていきたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「超加工食品」とどのように付き合っていくべきか

2021年06月号 vol.7(6)

速食いの人は太るか

2021年04月号 vol.7(4)

非‌セ‌リ‌アッ‌ク・‌グ‌ル‌テ‌ン‌過‌敏‌症‌(‌NCGS‌)‌の‌犯‌人‌ ‌

2021年03月号 vol.7(3)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年08月号 vol.7(8)

地域医療ジャーナル創刊から6年。 医療介護現場には「深い谷間」が至るところ...

2021年06月号 vol.7(6)

広く受け入れられている情報は、 わかりやすいものばかり。 正しいとされるも...

2021年05月号 vol.7(5)

情報は膨大になり、 情報は拡散し、 情報は氾濫し、 情報はひとり歩きして、...