地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2021年11月号 vol.7(11)

ねこでも読める医学論文 第37話「オープンラベルプラセボでテスト前の不安が軽減する?」

2021年10月29日 02:56 by ph_minimal

はじめに

かつて、私たちは学校という場で何度も何度もテストを受けてきました。成績をつけるために学力を試されるのです!試験前のイヤ~な緊張感…、「もうどうにでもなれ」という諦めの境地、そして当日、配られた試験問題を見て、「やばっ…ぜんぜんわかんない」という絶望…。

テストに関する思い出といえば嫌なことばかりがよみがえるであろうことと思いますが、なんとテストの不安を軽減するためにプラセボを使うという研究結果が発表されました。今回はこれを取り上げたいと思います。

 

ねこでも読める医学論文 第37話「オープンラベルプラセボでテスト前の不安が軽減する?」

みに丸「ボス、聞いて」

はかせ「なんだい」

みに丸「昨日、こわい夢を見た」

はかせ「おとなのくせになに言ってんだか」

みに丸「ねこ薬剤師国家試験の前日にぜんぜん勉強してなくて、どうしよう…と焦っている夢でした」

はかせ「なにそれ、こわい。超こわい」

みに丸「でしょ!」

はかせ「確かに、国家試験の夢っていまだに見るよなぁ…」

みに丸「試験の緊張感ってやばいですよね」

はかせ「緊張するよなぁ~。実はその緊張感をプラセボで軽減できやしまいかっていう論文がでていた」

みに丸「そりゃ、すごい。読んでみましょう」

 

[1] Schaefer M, Denke C, Harke R, Olk N, Erkovan M, Enge S. Open-label placebos reduce test anxiety and improve self-management skills: A randomized-controlled trial. Sci Rep. 2019 Sep 16;9(1):13317. PMID: 31527670

 

対象論文はこちらからダウンロードできます。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6746734/pdf/41598_2019_Article_49466.pdf

ぜひとも論文と照らし合わせながら、ねこ薬剤師たちの論文抄読会にご参加ください。

 

~研究の背景~

はかせ「まずは研究の背景だ。1ページのアブスト(太字)の下にイントロダクションが書いてあるので、ここをざっくりとまとめていくぞ」

みに丸「よろ!」

はかせ「テスト不安(Test anxiety)は、テストの前やテスト中に苦痛や不安を感じる状態を指す」

みに丸「わかる。ぼくも不安になる」

はかせ「心拍数が増えたり、汗が出たり、失敗するんじゃないかと不安だったり、逃げ出したくなったり…」

みに丸「わかる。ドキドキする。逃げ出したくなる」

はかせ「プラセボ効果が不安を軽減する可能性があると言われているが、プラセボだということを隠して投与することは倫理的に問題があると考えられている」

みに丸「騙すことになっちゃいますもんね」

はかせ「プラセボだということを明かして投与するオープンラベルプラセボでもプラセボ効果を実証した研究がある。そこで、オープンラベルプラセボがテストの不安を改善するかを検討したっていうわけだ」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ねこでも読める医学論文 番外編「ねこと考えるノセボとプラセボ」

2021年10月号 vol.7(10)

ねこでも読める医学論文 第36話「がんサバイバーの倦怠感に対するオープンラベルプラセボの効果」

2021年09月号 vol.7(9)

ねこでも読める医学論文 第35話「薬の説明書の内容によって、副作用の頻度が変わる?」

2021年08月号 vol.7(8)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年12月号 vol.7(12)

希望ってなんだっけ この先にどんな未来が待ち受けているのか 森はつづくのか...

2021年10月号 vol.7(10)

ノセボがあるのは、 医療に不安や畏れがあるから。 プラセボがあるのは、 医...

2021年09月号 vol.7(9)

原点を見直そう。 そう思えたのは、 アツい連載記事の数々があったから。 今...