地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2022年03月号 vol.8(3)

ドストエフスキーと医学(3)

2022年02月27日 12:55 by shimohara-yasuko

 

ジークムント・フロイト「ドストエフスキーと父親殺し」をめぐって ━「ドストエフスキーのてんかん研究」の変遷 ━

 

Sigmund Freud.1928. Dostojewski und die Vatertötung
ドストエフスキーと父親殺し/不気味なもの (光文社古典新訳文庫) 中山元 訳 2011/2/9

 

1) 神経症患者としてのドストエフスキー(心理学の立場)

フロイトは、ドストエフスキーとはまた異なる方法で、人間の謎を解く鍵を人類にもたらしました。人間の心に無意識という領域があるという大発見をしたのです。無意識を分析することで、神経症を治療する「精神分析」という方法を生み出しました。その理論は、精神医学の枠を超えて、心理学、哲学、宗教、思想に大きな影響を及ぼしました。そのフロイトがドストエフスキーの精神分析を試みたのが「ドストエフスキーと父親殺し」です。

フロイトが研究対象としたのは、「神経症患者としてのドストエフスキー」でした。

フロイトは、てんかんおよびドストエフスキーのてんかんについて、次のよう考えていました。

「てんかんには、器質的なてんかんと情動的なてんかんがある。器質的なてんかん患者は脳に障害があり、情動的なてんかんの患者は神経症である。ドストエフスキーのてんかんは情動的なてんかんである。」

確かに、ドストエフスキーの生涯には神経症的なエピソードが少なからず見られます。また、器質的なてんかんは、ほとんどの場合、知的な力が損なわれると考えられていたことも、器質的てんかんを否定した理由になったと思います。

しかし、てんかんに能力の低下が伴うという説は、1978年にフランスのてんかんの権威ガストー博士によって否定されました。

「(ドストエフスキーが全般てんかんであったと結論した上で)発作はドストエフスキーの天与の才を鈍らせも損ないもしなかったし、またその才は決しててんかんに基盤を持つものでもなかった。この教訓は発作のために知能が低下したと、いわば問答無用のレッテルをはられている多くのてんかん患者のために、またその例外的な能力がてんかんの副産物と考えてはならない数人のてんかん天才人のために、きわめて強い弁護の砦となるであろう。」

Henri Gastaut.Fyodor Mihailovitch Dostoevsky’s Involuntary Contribution to the Symptomatology and Prognosis of Epilepsy.1978.Epilepsia 19:186-201
アンリ・ガストー「ドストエフスキーのてんかん再考 原発全汎てんかん説」 和田豊治 訳  大日本製薬 1981  概要

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

医者が心をひらくとき ー医師にも彼らの物語があるー (2)

2022年05月号 vol.8(5)

医者が心をひらくとき ー医師にも彼らの物語があるー (1)

2022年04月号 vol.8(4)

ドストエフスキーと医学(2)

2022年02月号 vol.8(2)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいて...

2022年04月号 vol.8(4)

カタルシス ―精神の浄化や排泄のこと。 無意識のうちに心に潜む 抑圧的な感...

2022年02月号 vol.8(2)

新型コロナウイルス感染症が 国内で流行してから2年 医療現場でおこった変革...