地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2022年04月号 vol.8(4)

医者が心をひらくとき ー医師にも彼らの物語があるー (1)

2022年03月27日 10:32 by shimohara-yasuko
2022年03月27日 10:32 by shimohara-yasuko

 

JAMAの名物コラム:A Pieace of My Mind

JAMA(米国医師会雑誌)という雑誌をご存じだと思います。米国医師会(American Medical Association:AMA)が発行する臨床雑誌で、1883年創刊。アメリカで最も権威のある医学・医療雑誌のひとつです。

医学図書館員だったころ、わたしはこの雑誌の受け入れが楽しみでした。一つには、毎号の表紙が絵画だったこと。もう一つは、「A Pieace of My Mind」と題するコラムがあったことです。1980年から始まったこの名物コラムは40数年経た今も続いています。現在では、JAMAサイトでも公開しています。

A Piece of My Mind
https://jamanetwork.com/collections/44046/a-piece-of-my-mind

 

1988年から2000年の間にこのコラムに掲載された約800の作品から選りすぐりの100点を選んで編まれのが、以下の本です。

医者が心をひらくとき -A Pieace of My Mind 上・下巻 
ロクサーヌ・K・ヤング 編  李 啓充 訳 
医学書院 2002年 

 

紹介 『医者が心をひらくとき』(下原康子)
http://shimohara.net/nitona/bungaku/09.htm

 

医師たちが体験を書く理由

医師たちは、なぜリスクを冒してまで自らの体験を打ち明けるのでしょうか。編者は次のような理由を挙げています。

・書くという単純な行為は、それだけでカタルシスになる。
・書くことによって、自らが抱えている問題、罪悪感、恐怖、挫折感と直面し、心のうちで折り合いをつけるために。
・変貌してしまった現在の医療に対する自分の思いを分析し、それを表現する必要に駆られて。
・技術偏重で損なわれてしまった患者-医師関係に対するやるせない思い、二度と戻らない「昔の日々」の述懐。
・人間にとって究極の個人的な体験である「死」。その劇的瞬間の傍らにいた者としての体験を表現するために。
・死だけでなく生についても、理解を深める手助けをしてくれた患者(私のヒーローたち)を称え、感謝を伝えたいという思いにかられて。
・自分自身に、そして他の医師たちに、自分たちが、なぜつらい「医」という仕事にかかわるのかという理由を再認識させ、医師であることの喜びを伝えるために。

上の紹介では、2つのエッセイ(医学生と女性患者)を引用しましたが、ほかにも素晴らしい作品がたくさんあります。

本号では、上巻の「医師になること/医師であること」に含まれる3つの作品をダイジェストでご紹介します。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

オープンダイアローグとドストエフスキー ドストエフスキーと医学・特別編

2022年10月号 vol.8(10)

がんと闘った誇り高きアマゾネス ③上坂冬子

2022年09月号 vol.8(9)

がんと闘った誇り高きアマゾネス ②柳原和子

2022年08月号 vol.8(8)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年10月号 vol.8(10)

答えは見つからない。 だからこそ、 答えのない疑問に立ち向かおうとする。 もっ…

2022年08月号 vol.8(8)

物事には余白が大事。 荷物をめいっぱいに詰め込み、 あふれてしまっています。 …