地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2022年05月号 vol.8(5)

医者が心をひらくとき ー医師にも彼らの物語があるー (2)

2022年04月26日 10:46 by shimohara-yasuko

 

前号にひき続き、以下の本の下巻に収められた作品のなかから、3編をダイジェストでご紹介します。

 

医者が心をひらくとき -A Pieace of My Mind 上・下巻
ロクサーヌ・K・ヤング 編  李 啓充 訳 
医学書院 2002年 

 

告知 (医師)

彼女はサンルームに一人座り、輝く朝日を浴びて豊かな黒髪を梳いていた。彼女を受け持つ腫瘍専門医として、私は、彼女に癌の告知しなければならなかった。彼女は私の途方にくれた顔をみつめ、静かに私が口を開くのを待った。

訪れる死の前触れを告げることも、医者の役割の一つだ。そのスタイルは千差万別だが、しかし、上手にこの役割を果たすことができる医者などいない。

もうこれ以上、彼女の顔を黙って見つづけることはできなかった。

「生検の結果が戻りました」と私は言った。

「あら、先生が難しいお顔をしていらしたので、何の用事かと思っていたところでした。それで、結果は?」

私は、彼女の目をみつめようと全力を振り絞った。彼女の目には、私への信頼が読み取れた。と同時に、彼女が答えをすでに察していることが書いてあった。

「生検は陽性でした」

「陽性」と、額にしわを寄せながら、彼女が反復した。

「でも、私が死ぬという結果が、なぜ、陽性だなんて言えるんでしょう?」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

医者が心をひらくとき ー医師にも彼らの物語があるー (1)

2022年04月号 vol.8(4)

ドストエフスキーと医学(3)

2022年03月号 vol.8(3)

ドストエフスキーと医学(2)

2022年02月号 vol.8(2)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年04月号 vol.8(4)

カタルシス ―精神の浄化や排泄のこと。 無意識のうちに心に潜む 抑圧的な感...

2022年03月号 vol.8(3)

混沌とした世界。 悪夢が連鎖しています。 いつか、穏やかに暮らせる日がくる...

2022年02月号 vol.8(2)

新型コロナウイルス感染症が 国内で流行してから2年 医療現場でおこった変革...