地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2022年06月号 vol.8(6)

医者が心をひらくとき(3)特別な患者

2022年06月03日 23:16 by shimohara-yasuko

私のヒーロー

褒められたい、自慢したい、そういう承認欲求は何歳になっても消えません。高齢者の自慢ネタのベストスリーは、①孫 ②健康 ③ “私の医者” でしょうか。患者にとって医者は特別な存在なのです。身体の秘密を探り当てる魔術師であり、命を左右する運命の予言者です。患者が、素晴らしい医師(私のヒーロー)にめぐりあった幸運を自慢するのは、自らの健康と長寿が保証されるように思えるからでしょう。

 一方、『医者が心をひらくとき』(4月号、5月号で紹介)では、医師たちが、“私の患者”(私のヒーロー)を明かしています。心をひらいて語られた物語は、文学にも匹敵する価値のある尊いプレゼントです。

 

ある特別な患者

本号で紹介するのは、オランダの医師たちが明かした忘れられない患者の物語です。日刊紙「デ・フォルクスラント」に寄せられた130人のコラムからおよそ三分の一を収録して出版されました。

ある特別な患者 医師たちの人生を変えた患者たちの物語
That One Patient
エレン・デ・フィッサー 編 芝瑞紀 訳
サンマーク出版 2020

この中から5編をダイジェストでご紹介します。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

医者が心をひらくとき ー医師にも彼らの物語があるー (2)

2022年05月号 vol.8(5)

医者が心をひらくとき ー医師にも彼らの物語があるー (1)

2022年04月号 vol.8(4)

ドストエフスキーと医学(3)

2022年03月号 vol.8(3)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいて...

2022年04月号 vol.8(4)

カタルシス ―精神の浄化や排泄のこと。 無意識のうちに心に潜む 抑圧的な感...

2022年03月号 vol.8(3)

混沌とした世界。 悪夢が連鎖しています。 いつか、穏やかに暮らせる日がくる...