地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2022年10月号 vol.8(10)

医療で未解決となる60%の疑問を少しでも解消する方法

2022年09月19日 16:48 by bycomet
2022年09月19日 16:48 by bycomet

「この情報検索、誰かやってくれないかな。」
時間のない診察室、日々感じることが解消できないでしょうか。
海外の事例をもとに、新たなプロジェクトを実現させたい。

 

疑問の60%が未解決に

 

「この情報検索、誰かやってくれないかな。」

時間のない診察室で、日々感じることです。

診察で生じる疑問の多くは解決されないままになる、という研究データがあります。

Del Fiol G, Workman TE, Gorman PN. Clinical questions raised by clinicians at the point of care: a systematic review. JAMA Intern Med. 2014 May;174(5):710-8. doi: 10.1001/jamainternmed.2014.368. PMID: 24663331.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24663331/

臨床家(医師・研修医のほか、アシスタント医師、診療看護師、看護師、歯科医師、ケアマネージャーを含む)の診察上の疑問について検討した、システマティックレビューです。

11研究から、このような結果が示されています。

1回の診察あたり0.57個の疑問が生じるが、調べるのは51%でそのうち解决できるのは78%
時間もなく答えが存在するかもわからないことが、問題解决の壁に。

つまり、生じる疑問のうち60%が解决されないままになっている、という結果です。

これはぼくの実感とも一致するデータです。

Unanswered questions may lead to suboptimal patient care decisions.
(未解決の疑問は、最適でない患者ケアの決定につながる可能性があります。)

疑問の解决は医療の質に直結する課題です。

なんとかその場で情報検索ができないでしょうか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

医療を関心に近づける

2022年09月号 vol.8(9)

relevantな医療について考える

2022年08月号 vol.8(8)

AI情報検索アシスタントでらくらく論文検索しよう

2022年07月号 vol.8(7)

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

2022年11月号 vol.8(11)

新型コロナウイルス感染症の流行とともに、 専門家の発信する医療情報の質について…