地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2022年11月号 vol.8(11)

患者と図書館-市民が医療・健康情報を得るために- 第2回 患者図書室

2022年10月28日 21:50 by naohikoyyamaguchi
2022年10月28日 21:50 by naohikoyyamaguchi

聖隷佐倉市民病院図書室 山口直比古

1 はじめに

 文芸雑誌である「小説新潮」の2022年9月号は医療小説特集で、南杏子さんや日下部羊さんなどの医師である作家による、医療に関わる短編小説が何篇か掲載されています。そうした小説と同時に「ルポ患者たちの図書室」と題されたルポルタージュ記事が掲載され、静岡県立こども病院の「わくわくぶんこ」と、東邦大学大森病院にある「からだのとしょしつ」の二つの患者図書室が紹介されています1)。一般の文芸誌に「患者図書室」が紹介されるのは大変に珍しく、病気を抱えて病院通いをされている方たちや健康な方にも、病院の中に患者さんのための図書室がある、ということを知っていただくよい機会になったかと思います。

 では、何故病院に患者さんのための図書室(館)があるのでしょうか。

 病気になった時には、自分や家族の行く末など、大きな不安が生じます。お医者さんの言っていることはよくわからないし、直ぐには心の整理がつきません。そのような時に役立つのが、病気のことや治療のこと、そして先々のこと(「予後」と言います)についての「情報」です。患者さんがその「情報」を得るにはどうすればよいのでしょうか。情報を得られる「場所」へ行き、情報を提供してくれる、あるいは情報入手を手伝ってくれる「人」と対話することが大切です。そうした場所が「患者図書室」なのです。

 患者さんのための図書室(館)には様々な名前が付けられています。情報プラザ、情報ステーション、健康ライブラリー、など様々です。慶應大学病院の1階に設けられている「健康情報ひろば」などもわかりやすい名前です2)。聖路加国際病院ではより広い意味付けをした「さわやか学習センター」と名付けられた患者さんのための場所があります3)。いずれの場合も目指すものは一緒です。ここでは「患者図書室」と呼ぶことにします。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

患者と図書館-市民が医療・健康情報を得るために- 第3回 大学図書館

2022年12月号 vol.8(12)

[新連載] 患者と図書館-市民が医療・健康情報を得るために- 第1回 公共図書館

2022年10月号 vol.8(10)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年10月号 vol.8(10)

答えは見つからない。 だからこそ、 答えのない疑問に立ち向かおうとする。 もっ…