地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2022年11月号 vol.8(11)

モダニズムの解体に垣間見るエビデンスと現実の接点

2022年10月28日 23:48 by syuichiao
2022年10月28日 23:48 by syuichiao

 僕たちは「真実」だと確信している情報に基づいて意思決定を行っている。少なくとも「ウソ」だと確信して物事の最終判断をすることは希であろう。しかし、この場合の真実とは「相対的真実」であって「絶対的真実」ではない。ある人にとって、真実だと確信されるものが、別の誰かにとって真実だと確信されないことは、コロナ禍における医療・健康情報に対する認識や価値観の多様性を踏まえれば理解しやすいと思われる。そういう意味では、僕たちの日常生活を支えている真実とは相対的真実のことであり、絶対的真実ではない。

 一方で、ヘルスケア領域における「エビデンス」と呼ばれる情報群は、客観的な統計データであることを踏まえれば、相対的真実というよりは絶対的真実に近いものであろう。絶対的真実を探求する営みこそが学術研究であり、その成果をまとめたエビデンスは、少なくとも相対的真実ではない。エビデンスと現実の隔たりとは、真実に対する相対性と絶対性のグラデーションに他ならない。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

[特別寄稿] エビデンスを説明することの不可能性

2022年11月号 vol.8(11)

患者にとっての「エビデンス」とは

2022年11月号 vol.8(11)

ねこと学ぼう、おくすり情報 番外編「エビデンスと現実をつなぐ」

2022年11月号 vol.8(11)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年10月号 vol.8(10)

答えは見つからない。 だからこそ、 答えのない疑問に立ち向かおうとする。 もっ…