地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2015年07月号 臨時増刊 vol.1(supplement 2)

EBMから学んだもの

2015年07月06日 14:12 by syuichiao

 今振り返ると、私が学生時代、薬学部の授業では、医薬品がどのように作用するかについて学んできましたが、医薬品が人の一生にどのような影響を与えうるのか、について、学ぶことは少なかったように思います。

 それは、大学を卒業後、薬剤師8年目の夏でした。私はACOORD試験1) という2型糖尿病の臨床試験や、チオトロピウムレスピマットという薬剤の死亡リスク増加を示した論文情報2) を知り、学生時代に学んだ病態生理学的知見との見事なギャップに大変衝撃を受けました。そして、それをきっかけに論文情報を解釈するために必要な知識として、主に統計学や疫学についてインターネットを活用しながら調べていたところ、EBMevidence-based medicine)というキーワードにたどり着いたのです。

 学生時代EBMという言葉は習ったものの、具体的にどのようなものかを学んでこなかった私は、次第にEBMに興味を持つようになります。そして私の薬剤師人生を大きく変えることになるEBMの研修会に参加することになります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

EBMって何?「エビデンス」ってどこにあるの?

2021年09月号 vol.7(9)

David Sackett (1934-2015)

2015年07月号 臨時増刊 vol.1(supplement 2)

EBMと私

2015年07月号 臨時増刊 vol.1(supplement 2)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年06月号 vol.8(6)

会えるまでの遠い道のり 理解されるまでの遠い道のり 透明の板が高い壁となっ...

2022年05月号 vol.8(5)

いつからか 世間はもう ほろ苦い香りを忘れてしまった 苦さといえば たいて...

2022年04月号 vol.8(4)

カタルシス ―精神の浄化や排泄のこと。 無意識のうちに心に潜む 抑圧的な感...