地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2015年08月号 vol.1(6)

かぜ薬にはどのくらいの効果がありますか?

2015年07月21日 08:54 by bycomet

 読者のみなさま、こんにちは。

 今年は夏場になってもまだ、ウイルス感染症が落ち着かないように感じます。いかがお過ごしでしょうか。

 これまでは、かぜの研究について、気の赴くままに書いてきました。アセトアミノフェンの効果や意外な側面、そして小児の解熱薬やかぜ薬事情について、紹介してきました。

 前回は、せき止め・かぜ薬については症状を緩和するという根拠が十分ではなく、稀に突然死や重篤な有害事象のおそれがあるため、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドでは小児への市販のせき止め・かぜ薬は使用が規制されていることをご紹介しました。

 日本ではいまだよく使われていますが、現場からの見直しが必要でしょう。

 さて、それではかぜ薬にはどの程度の効果があるのか、確認しておきたいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「体を温めて免疫力アップ」で本当に感染症は予防できるの?

2020年04月号 vol.6(4)

インフルエンザウイルスの排出はしばらくつづく

2019年03月号 vol.5(3)

医療の古き慣習は変えられるか?

2019年02月号 vol.5(2)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年08月号 vol.6(8)

全国各地で豪雨による被害が多発しています。 被災された方々に、心よりお見舞...

2020年07月号 vol.6(7)

誰にもいつか訪れる時間。 それは遠い未来かもしれないし、近い未来かもしれな...

2020年06月号 vol.6(6)

なくなって困るものもある。 なくなっても困らないこともある。 「医療に依存...