地域医療ジャーナル ISSN 2434-2874

地域医療ジャーナル

2020年2月号 vol.6(2)

生命倫理 (他の号の記事)

オランダの安楽死 その最前線

おそらく日本の多くの人が海外の「(積極的)安楽死」に抱いているのは、「終末期で余命いくばくもない人に耐えがたい痛み苦しみがある場合に、せめて最後の救済措置として、本人の自己決...

  いいね!   spitzibara spitzibara from 2016年11月号 vol.2(11)

「お医者さんたちの『まさか?』な死に方」から「人を癒せる医療」に必要なものを考えてみる

6月6日のワシントンポスト紙(WP)に"The sobering thing doctors do when they die”と題した記事がありました。 The Jour...

  いいね!   spitzibara spitzibara from 2016年09月号 vol.2(9)

米国のオピオイド鎮痛剤のファーマゲドン

4月に、米国人歌手のプリンスさんが急死されました。私は音楽に疎く「名前は知っている」という程度なので、その時はニュース・タイトルだけを読み流したのですが、その後、5月に入って...

  いいね!   spitzibara spitzibara from 2016年06月号 vol.2(6)

「臓器不足」問題は、私たちをどこへ連れていくのでしょう? (前)

金曜夜10時からのTBSドラマ「わたしを離さないで」が3月18日の第10話で終了しましたが、ご覧になった方もあったでしょうか。 原作は、カズオ・イシグロの同名の小説。移植臓器...

  いいね!   spitzibara spitzibara from 2016年04月号 vol.2(4)

「臓器不足」問題は、私たちをどこへ連れていくのでしょう? (後)

「臓器不足」問題は、私たちをどこへ連れていくのでしょう? (前)からの続きです。

  いいね!   spitzibara spitzibara from 2016年04月号 vol.2(4)

アシュリー事件をご存知ですか? (1)

読者のみなさま、記者のみなさま、はじめまして。spitzibaraと申します。「いったいどう読むのだ?」とお叱りを受けることが多いのですが、spitz・ibaraと区切ってみ...

  いいね!   spitzibara spitzibara from 2015年08月号 vol.1(6)

アシュリー事件をご存知ですか? (2)

アシュリー事件をご存知ですか?(1)につづきます。

  いいね!   spitzibara spitzibara from 2015年08月号 vol.1(6)

バックナンバー(もっと見る)

2021年2月号 vol.7(2)

新型コロナをきっかけに、 これまでの日常や価値観が大きく変わっています。 ...